Shanghai-Last night〜最後の夜〜


7/6は上海の最後の夜だった。
7/7七夕から北京へ引っ越すので。

楽しすぎる上海。
そしてアーティスティックな上海。
レトロとモダンが共存する上海。
総じて、魅惑的な街であり、歴史的な街であり、
美しく汚い街であり、完全に魅了され続けた街だった。

最後の夜は、夫くんとともにペニンシュラ上海の中華料理「イーロンコート」へ。
ワインになまこ。

a1.jpg



そして、食事が終わると、先日昼間に行って景色が最高だった外灘の「THE HOUSE OF ROOSEBELT」へ。ここはルーズベルト家所有のレストラン&バーのビル。
8Fの最上階がテラスになっていて、外灘と浦東の景色の両方を観ながら飲める場所。
でも、この日。
最後の夜というのに、上海は「雷雨」!!!

a2.jpg

テラス席は雨で閉鎖されてたので、テントのある席で少し遠目に夜景を堪能。


そして、気付けば23時。
浦東の夜景のネオンが消える時間のようで。

a5.jpg

↑消えた。
東方明珠(タワー)のネオンも消えている。
ちょっと控えめな上海に。

そして、ああああ淋しい、、、と2人で何度も言いながら、
人の少なくなった外灘を歩く。


a3.jpg

a4.jpg

a6.jpg



そして、これが、上海の夜の最後の写真。↓
ぶれている。

a7.jpg


GOOD BYE SHANGHAI!
とても好きな街。



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

ルーズベルト家のバーにて、霧の外灘絶景。


梅雨の上海。
晴れだと思って出掛けても、すぐに雨が降って来たりする。
この日も、晴れだと思って出掛けたら、
みるみるうちに白い雲が広がる。

a1.jpg

a2.jpg

a3.jpg


そして、一度行ってみたかった「The House of Roosevelt」へ。
名門ルーズベルト家によるリニューアルでダイニングやクラブ・バーなどが入っているビル。


a4.jpg

↑名門ルーズベルトも、中国語ではこの漢字に。


そして、一番上の階を案内してもらった。
そこはテラス席。
そして、この景色!

a5.jpg

はい。
いかにも上海的な、霧の風景。
白いモヤが かかりすぎなのでございます。


a6.jpg

でもここは、外灘3號の「ニューハイツ」よりも、絶景だと思います。
席によっては、外灘の景色と浦東風景と両方を見れます。

今度は夜に、来ます。


-------------------------------------
THE HOUSE OF ROOSEVELT
中山東一路27号
021-2322-0800
-------------------------------------



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

晴れた夜の外灘夜景。

 a1.jpg

a2.jpg

晴れた日の夜の外灘は、景色がすっきり見えて、美しい。
休日の夜は、観光客だらけ。
でも、いつか、この夜景を、独り占めしてみたい。


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

とある休日の外灘の夜景


白く曇った日が続く上海。
夜景ももちろんモヤモヤとしています。

a1.jpg

a2.jpg

でも、人。



a3.jpg


人・人。



a4.jpg

人・人・人・人。

日本では、花火大会の帰りくらいですかね。
もしくは、コンサートの帰り道とか。
こんなに人が歩いているのは。




名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

日食風景 in 上海!

 a11.jpg

日食。
上海。
外灘。



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

いかにも上海!バンドの風景。

しばらく烏鎮&杭州の風景でしたので、
いかにも上海!という風景でいったんお口なおし。
上海はすっかり、春!
Spring has come !!
(というより、初夏?)

a1.jpg

a2.jpg

a3.jpg



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

外灘三號。

この前の休日、外灘三號でランチしてきました。
テラス席を確保しましたが、風が強くて肌寒くて部屋の中へ。
最近、中華料理が多かったので、
軽くブランチのようなものをしたくなりまして。

外灘はこの気候。

外灘三號は↑上記写真の右の奥の方の西洋建築物。
1916年に建てられたビルで、
レトロシャンハイそのものの外観でございます。

↑ テラス席はこんな景色!

↑ 欧米人が多いのなんのって。

↑ 胃を休めるつもりで来たのに、
結局、マッシュポテトもポテトフライも食べました。
(だめじゃん)


------------------------
外灘三號
New Heights 5楼
------------------------


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

豫園の春!

豫園へ行ってきました。
週末とても気候も天気も良い上海!
豫園では梅まつりをしていました。
春らしい風景を、ご紹介します。

「世界の朝時間」でも上海の春について投稿しました。
よろしければ是非ご覧くださいね。↓↓


Picnik コラージュ.jpg
Picnik コラージュ2.jpg
Picnik コラージュ3.jpg

晴れてると、すべてが心地よいですね。
日本にいるときは、晴れの日はスカッと晴れるので、
「太陽」に対してそこまで執着していなかったけれど、
上海に来てからは、なかなか晴れる日にお目にかかれていないので、
晴れただけでテンションマックス!

よい休日を、旦那様と過ごしています ♪



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

上海環球金融中心/世界一高い展望台


「世界でイチバン高い展望台」と呼ばれているところへ行ってきました。
上海環球金融中心という森ビルの建物です。

DSC_0011-tiltshift.jpg

俯瞰的にみると、このビル。
その形から、通称「栓抜きビル」と呼ばれています。

が、どうやら当初の建築計画では、
建物の上の穴を「丸」にしようとしていたようですが、
上海の空に堂々と日の丸を掲げる気か!」という中国側の反対もあり、
このような四角い「穴」になったとのこと。

展望台の高さは、474m!
これが世界一とのこと。

で、エレベーターでぐんぐん上って行きます。
(高いのは高さだけではなく、
入場料はおとなひとり「RMB150(日本円で約2000円)」)

よって、「世界一高い展望台」にいるのは、
日本人か、欧米人。

でもでも、
景色はこんな感じ!

424032_206215479486684_100002947005699_355117_556995423_n.jpg


雨上がりの上海の夜景 !!
でも、独特の空気の悪さがあるので、
きっと東京の六本木ヒルズの方が、冬の夜景は美しく眺めることができると思う。

すべてひっくるめて、
中国を感じることのできる場所です。
(開発されていない敷地の広さも、東京とは比にならないね)


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

渡航日が決まりました

 1225すDSC_0144.jpg

1225すDSC_0170409327_158999267541639_100002947005699_241573_1981193432_n.jpg

各種事前健康診断も終わり、ビザを無事取得しました。
あとは、A型肝炎の予防接種の2回目を受けるくらいです。
いや、そんなことはないな。
荷物をまとめることもまだしていないし、
日本の携帯電話関連の手続きもまだしていないし。

やることは山積みですが、
来週末には渡航しますーー!

また上海の何ともいえぬ「まがまがしい夜景」に会えます。

芥川龍之介『上海游記』や 横光利一『上海』での、「古きよきシャンハイ」を活字で追いかけながら、なんだかんだわたしはこの街にとけ込んでいけそうな気がするのです。




スライド1.jpg



名称未設定.jpg スライド1.jpg

まえ.jpg| 1/2PAGES |つぎ.jpg>>


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg