烏鎮のおもいで。

ちょうど1年前の清明節のお休み。
上海近くの水郷「烏鎮(ウージェン)」へ旅行した。
ふと写真を振り返っていると、
北京にはないこの水郷の雰囲気にとたんにタイムトリップ。

k1.jpg

いくぶん観光地化された街ではあるけれど、
素敵な水郷だった。

水を眺めながら。
時を過ごします。

k2.jpg



そして、そのとき杭州へも行った。
龍井茶の季節だったので、龍井村の青空茶館にも。
気持ちよかったという記憶しかない。

k4.jpg


もうあれから1年か。
はやい、はやすぎる!




A.jpg   B.jpg banner.gif



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

二度目の朱家角。江南水郷レトロ風景。


実家の両親が上海に来てくれていたので、ともに朱家角へ行ってきました。
上海から車で1時間。
上海市内とは思えないような風景が広がる場所。
あいにくの曇り空だったけれど、これはこれで風情がある。

a11.jpg

a12.jpg

a13.jpg

a14.jpg

舟にも乗ります。
いい風情。川もそんなに臭ったりもしません(ベネチアは臭うと聞きましたが!?)。
どうでしょう、のんびり、上海とは思えない場所で過ごすのも。



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

朱家角へ行ってきました

この前の週末。
上海の中心からタクシーで45分、水郷古鎮 朱家角へ行ってきました!
日本から、夫くんのご家族が来られていたので、
みんなで水郷見学!

水郷といえば、
新場や烏鎮へも行ったことがありますが、
ここはなかなかバランスよく栄えている感じでとても良かったです。
(新場は誰もいない、烏鎮へ観光地観光地されていてちょっと風情が…?)

a1.jpg

a6.jpg



そして、街の人々の姿を。

a4.jpg
▲ 真っ黄色のタイツをはいたかわいい女の子

 
a3.jpg
▲ いちご白書をもう一度?


a5.jpg
▲ しんどそう。


a2.jpg
▲ 干物売り


そんな、晴れた水郷風景。


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

【枕水人家/烏鎮】リバーサイドの昼食

もういい加減、写真の整理を終えたいところ。
飽きっぽいので、烏鎮の風景にももう飽きてきましたが、もう少しおつきあい下さいー !!

s1.jpg
▲ 泊ってたリゾート風ホテルの朝食バイキング。さすが中国。メニューが全部中華。


s2.jpg
▲ ホテルのロビーにて。かわいい子供。


s3.jpg

s4.jpg

s5.jpg
▲ 「纏足博物館」へ。纏足って、想像以上にしんどそうです。
だって指が全部曲がってしまってるし。纏足女性の履いていた靴とか、14cmとかしかない。
どうやって歩いていたんだろう。


s9.jpg
▲ で、昼食。水辺。


s8.jpg
▲ こちらもおいしかったし、清潔感がありました。

 s10.jpg

そして、つぎは杭州へ移動します。
(→つづく)


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

【枕水人家/烏鎮】レトロ夜景群


烏鎮は、どこを切り取ってもレトロ。

2.jpg
▲ こんなところに住みますか?こんなところで食べますか?

1.jpg
▲ お茶館に、街のレストラン。良い香り。


3.jpg
▲ 普通のポットまで絵になる


いよいよ夜になりますー!

5.jpg

6.jpg
▲ 千と千尋に出てきそうな光景


4.jpg

7.jpg

そして、青島ビールを2人であけました。
川辺の青島ビール。夜風は少し肌寒い。

DSC_0604.jpg

(→つづく)



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

【枕水人家/烏鎮】水郷風景もろもろ


清明節、水郷烏鎮へ旅行したときのこと。
(まだ振り返ってるのか、という感じですが…、まあゆったり)

烏鎮には西柵と東柵という区分があり、西と東では少し街のイメージが違います。
東柵は古いまま残っているイメージ。
西柵はリゾート開発された街なので、リゾート的な格好をしている観光客も多数。

宿泊先は西柵でした。
リゾートホテルですね。水郷の街風にアレンジされたホテル。
どこかディズニーランドにでもきたような、「つくられた感」のある町並みです。
(が、日本人にとっては見慣れぬ景色なので、楽しめました!)
(どこかの外資系資本が入っているのでしょう、トイレなども綺麗に整備されてますし)

DSC_0478.JPG
▲ 蚕をさわる地元民。ここは蚕産業でかつては有名な場所だったようです。


▼ 水郷風景いろいろ
Picnik コラージュ.jpg

DSC_0519.jpg
▲ この渡し船。風情はあるが、なかなか高価。リゾート価格。(150元(=2000円/舟 くらいしてたんじゃなかったかな?)


DSC_0504.jpg

DSC_0515.jpg

DSC_0492.jpg
▲ほら、どこか妙に綺麗に整備されている感じでしょう?
水郷風に綺麗に汚した感じ?(でも、なかなか楽しめます)

夕暮れが近づいています。
(→つづく)



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

【枕水人家/烏鎮】水上での昼食

烏鎮旅行を振り返っていますが、、。
なにより美味だったのが、この昼食!
烏鎮の水郷内にあるレストラン(というか、街の食堂)。

DSC_0468.jpg
▲ ここがレストラン。水のすぐそばに建っています。


2DSC_0466.jpg
▲ ほとんどがテラス席のようなところ。雨の日とか寒い日はどうなるの?と思いながら、幸いにわたしたちの行った日は初夏のような陽気。屋外での食事はかなり気持ちよかったです!


DSC_0463.jpg
▲ こんなメニュー。
なによりも、ダックを煮込んだものがおいしかった!
豚の角煮の鶏バージョン。かたまりで煮込んでいるのに、どこをとっても全部柔らかい。
さすが。中華。



おなかいっぱいのまま、まだまだ町歩きは続きます。

(→つづく)

名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

【枕水人家/烏鎮】昼下がりの白酒

清明節のお休みで上海からバスで2時間、烏鎮へ。
ここではじめて白酒を試飲しました。
中国にいるとよく白酒のことは聞いてますが、いまだ飲む機会がなかったのです。
アルコール度数は40度くらいなのかな?

DSC_0998.jpg
▲この奥に白酒を作っているところがある様子

 
DSC_0417.jpg
▲ 酒樽がたくさんあります。このおじさんはここの人。見張り。もしくはサボり。


写真 2.jpg
▲全体的にやる気がないのは上海と同じ。でもここに試飲コーナーが。


DSC_0422.jpg
▲ 飲んだ瞬間、喉が熱くなる!ウイスキーより喉が急激に熱くなる。でも、青空白酒はなかなか愉快。


DSC_0428.jpg
▲ これは白酒とは関係なし。あまりに左端のマネキンがこわかったので、記念撮影。隣の2人との顔の質の違いは何なんだ?こわい。


DSC_0446.jpg


そんなこんなで、まだまだ 烏鎮の町歩き は続きます。

(→つづく)


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

【枕水人家/烏鎮】到着 !

清明節の休みの初日。
烏鎮へはバスで行くことにしました。
上海からバスで2時間。

Picnik コラージュ.jpg
▲ バスはこんな感じ。決して綺麗ではないけれど、座っておれないくらい汚いわけでもない(実際、スリに気をつけながら、寝ました)

DSC_0358.jpg
▲烏鎮到着!入り口
とりあえず、烏鎮東柵へ。


DSC_0353.jpg
▲ 鳥かごと鳥をかなり多く見る街


DSC_0384.jpg
▲ 水郷です


DSC_0383.jpg
▲ 竹の棒の上に人が(パフォーマンス)


DSC_0392.jpg
▲ AM10時半頃の街の食堂。とりあえずコックさんやら店員さんが腹ごしらえ中。


DSC_0414.jpg
▲ 街角。いまでも人が住んでいます。


DSC_0372.jpg
▲ 水郷というのは水を枕にしている住民のいる街。水を囲んで暮らしが営まれています。


DSC_0413.jpg
▲ 赤いライトが印象的なこんな場所。
この水郷は、このような素敵な装飾の窓が多くありました。

水郷「烏鎮」到着、そして水郷の入り口にて。

(→つづく)


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

水郷 烏鎮へ。

清明節の休みを利用して、
2泊3日で、烏鎮→杭州の旅をしてきました。


3日とも天気がよく、
ゴールデンウィークの日本、という感じでした。
写真の整理をしつつ、ブログで旅を振り返ることにします。

乞うご期待!



名称未設定.jpg スライド1.jpg

まえ.jpg| 1/2PAGES |つぎ.jpg>>


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg