【杭州】帰路へ(風光明媚な湖情景)

ということで、清明節の旅行記をブログに書いていましたが、
気付けばあと一週間でまた連休です。
(どれだけ時間かけて写真整理してるんだよ!と言われそうですが)
とりあえず、烏鎮&杭州の旅も最終編。
自転車で巡った風光明媚な(大量の観光客を除いては)景色をいくつかご紹介します!

a1.jpg
▲ 写真の手前(一番下)に自転車のかごが写ってます(笑)


a3.jpg
▲ 西湖近く。この色づかい。ロクシタンの広告っぽい!


a2.jpg
▲ 西湖。実は夕陽が沈むのを撮り忘れました(え!?)。
これは沈んだあと。青い湖も綺麗でしょう。


a4.jpg
▲ そして、これは中国らしからぬ水の美しさ。


そして、いよいよ帰路。
杭州から上海への最終のCRHに乗り帰ります。
詳しく言うならば、レンタサイクルを返却するにも「クレイジーだ!」と叫びたくなるくらいの長蛇の列に、長時間のwaiting。

そして、この旅の最後に撮った写真が、これ↓
a5.jpg
▲ 杭州の町並み。レンタサイクルを返し終わったあと。
だが、CRHの駅まで、タクシーがまるでつかまらず、結局徒歩で!
杭州の交通の便の悪さは、もう困ったーーーー!!!
(上海と比べるといけないのかもしれないけれど)

ということで、清明節の旅行記、一応、終了!


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

【杭州】龍井問茶へ

さて。
杭州の交通事情に完全にノックアウト寸前のわたしたち。
レンタサイクルしか足がないのですが、どうしても行きたかった「龍井問茶」へは行かずにはおれない。
ということで、
山道を自転車でいきましたよ。
途中、かなりしんどかったですが...(笑)
景色と空気が良いのが救い。

西湖から自転車で1時間半くらい?(うち山道は半分以上?)かけて迷いながら着いた場所は、まるで観光地化されていない静かな茶館。

a1.jpg
▲ 入り口です。この時点でへとへと。
この時点で15時。とっくに昼時間が過ぎてしまった。


a2.jpg
▲ 入り口はコレ!

a4.jpg
▲ 中にはいるとかなり広い空間に、テーブルが置いてあります。


とりあえず、お茶というより(ビール?)というより、お昼ご飯!
ということで、15時という時間ながら、昼食を注文できました。

a6.jpg
▲ 写真右下は日本でもおなじみ「回鍋肉(ホイグォロー)」。
とにかく、おなかがすいていたので、食べるときはまるでひとことも喋らずにがっつく私たち。

そして、お腹がいっぱいになったあとに、
ゆっくり中国銘茶「西湖龍井茶」を頂きます。
a5.jpg
▲ 清明節(ちょうどわたしたちが旅行したとき)の前に新茶が出回ります。
ということで、新茶と普通のお茶の飲み比べを。
写真左が新茶、右が普通のお茶。
(「普通」という言い方がいいのか分かりませんが)

まるで味が違います。
個人的には(味のセンスがないのか)新茶より普通の方が中国茶っぽくて好きだったかな。
とはいえ、1杯100元くらいしてたのかな。新茶は。
中国で飲むお茶の料金としては、なかなか高値でした。


a3.jpg
▲ とはいえ、欧米人もこんな感じ。


え、ここはビバリーヒルズですか?


というツッコミをしつつ、お茶を何杯も飲みました。
こんな感じです。




名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

【杭州】サイクリング&お茶ロード


杭州の朝。 爽快!
爽快??

ん??

ということで、とりあえず清明節の真っただ中だったので、人が多い...!
まず、龍井村というところのお茶館に行きたかったので、タクシーを30分かけてやっとこさ止めて乗ったはいいけど、運転手逆切れ!
「車が動かねーんだから、そんなところまで行けるか!」
(いや、ほんとに見事に渋滞をする西湖周辺)

ということで、
「ここで降りるわよ!」的な感じで、降りる。
無駄なタクシー時間20分。

ということで、レンタサイクルを。

が。
こちらのレンタサイクルも、借りるのに1時間以上の行列!

もう!


だが、足がないとどこにも行けない。
とにかく上海と違って、タクシーがまるでつかまらない。
自転車で行くしかない!

a7.jpg
▲ かなりの行列でレンタサイクルを待っている横で、呑気な人たち。
っていうか、レンタサイクル所の人たちでさえ、普通に行列の横でお弁当とか呑気に食べてるしね!(日本のすぐれたホスピタリティを実感します)
しかも、かなりの行列なのに、切符を買う窓口とか半分閉めてるしね!
(開けなさい!)


a1.jpg
▲ ということでやっと自転車に乗るわたくしたち。
が、いったん自転車をゲットすると、爽快!
初夏の軽井沢、という感じの景色が広がります。
(上海よりかなり空気が綺麗)


a3.jpg
▲ 杭州は「西湖龍井茶」の産地でもあります。
こんな景色です。


a2.jpg
▲ なぜこんな風情のある格好をしているのだろう。地元の人。


▲ 龍井村にはいると、こんな景色。
新茶の季節なので、いたるところでお茶葉を見ます。

a4.jpg
▲ あとは、こういう姿も。


a6.jpg
▲ こんな見事に干された豚の足も。


ただ、この龍井茶の龍井村はなかなかの観光客!
欧米人も多いので、なんだか不思議なアシンメトリー感。


ということで、龍井茶の新茶を頂くことにしました。
(→つづく)



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

【杭州】西湖へ



清明節のお休み。
烏鎮から杭州へ移動。タクシーに乗って、2人で200元とか。
2時間乗ったのにね。
ただ、さすが中国の連休!
車はかなり混んでました...。
が、なんとか無事に杭州到着!

a2.jpg
▲ 小綺麗にしてある街でしたが、道路事情などは上海よりやはりだいぶ悪かったような気がします。でも思ってたより都会!


a4.jpg
▲ 杭州といえば西湖。
マルコポーロも西太后も愛したと言われる場所です。
ただ、西湖の周辺はこんな感じ。お祭り騒ぎ。


a6.jpg
▲ 西湖の夕暮れ。なんとか間に合いました。


a7.jpg
▲ でもねでもね。
連休だし、観光地だし、中国人がたくさん遊びにきていて、
きっと人の少ないときならかなり風情がある風景も、こんな感じ。人だらけ!


a5.jpg
▲ 湖はぐるっと歩いて(自転車で、車で)まわれます。
周辺はどこもにぎわっています。
で、街の方とは反対側へ。
写真の黒いところは西湖です。街が明るい!
ただ、広い湖なので、わたしも夫くんも歩いて逆サイドに来たことを後悔。足がしんどい!


a.jpg
▲ 夜は杭州料理の老舗へ。魚料理が多いのが杭州料理の特徴。
お肉料理より魚料理の方が値が張ります。
上海で食べる料理とはなんとなくやはり味付けが違う。
(わたしは杭州料理はあまり好きではないかな。お酢が利いてる料理が多いのかな?)

a3.jpg
▲そして、杭州で一泊します。
シャングリラホテル、さすがに前日に予約しようとしたら、部屋があいてませんでした!
(正確には、10万のスイートだけ空いてました)
杭州をなめていました!
で、前日なんとかとれた一応5つ星ホテルへ。
中国資本のホテルだったので、5つ星といえど、うん綺麗だったけど、フロントの対応はかなりイマイチだったですね(英語くらい話せる人がいてほしいものね)

ということで、杭州の旅はまだ続きます
(→つづき)



名称未設定.jpg スライド1.jpg

まえ.jpg| 1/1PAGES |つぎ.jpg


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg