北朝鮮料理:平壌檀君館 @南京西路


南京西路駅のH&Mの隣に、北朝鮮料理のお店がある。
「朝鮮音乐餐厅(朝鮮音楽レストラン)」。
存在は知ってたけれどなかなか行く機会がなかったのだけれど、友達とたまたま行くことになった。

a11.jpg

北朝鮮出身の女性が店員さん。
そして、19:30〜20:00は朝鮮語の歌や楽器演奏を見れる。

a12.jpg


a13.jpg

店内はとても綺麗しお洒落。お料理も美味しい。
そして何より、女性が美しい。

a14.jpg

あまり写真は撮らせてくれないけれど、
チマチョゴリもこれまで見たことがないような色合い&デザインで本当に美しい!

なかなか色々と考えてしまうお店だけれど、
上海にあるレストランの中ではとても清潔な感じのお店。

美しい。

--------------------------------
平壌壇君館
上海市南京西路889号2楼
(泰兴路近く H&Mの隣) 
TEL:021-32110588
--------------------------------



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

ドイツビールレストランPaulaner Brauhaus


ドイツビールのレストランへ。
常熱路を散策していると、必ず通るこの場所。
端午節の休日、少し遅めの時間にふらっと訪れてみた。

a1.jpg

a2.jpg

a3.jpg

洋館を改装した造り。
そして、中もとっても広いのね。にぎやかな雰囲気。
「オクトーバーフェスト」大好きな私たち夫婦なので、テンションがあがる。


a4.jpg

店内はこんな雰囲気。
二階のカウンター席に座った。


a5.jpg

そして、21時半からはバンド演奏が始まる。
店内のお客さんは、国籍問わず踊る。ロックンロール!!
特に、ドイツ人団体と思われるみなさんは、ドイツ人のイメージをあっさり覆してくれるほどのノリノリな踊りを披露していた。

よい夜だった。

--------------------------------------------
Paulaner Brauhaus(宝莱納餐厅)
上海市徐汇区汾阳路150号(近太原路)
021-64745700
--------------------------------------------



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

新疆ウイグル料理 その後・・


先日、静安寺近くの新疆ウイグル料理に行って以来、
すっかり新疆菜にハマってしまった

そして、その翌々日のお昼間、今度はクラスメイトにノートのコピーを頼まれていたので、
ウイグル料理店の近くに、そのクラスメイトとともに。
また、行ってしまったー!

a1.jpg

先日と同じ店へ。
さすがに気さくな店員さんにも顔を覚えられていたので、
なんだか愉快なランチタイムに。


a4.jpg
よくしてくれた店員さんは、実はまだ15歳。
ウイグルから出稼ぎで来ている様子。でも、全然15歳に見えない。
それどころか、維語(ウイグル語)、中国語、英語、その他2言語くらい、話せる。
いくつかウイグル語を教えてもらった。
かなり美味しい&楽しい、ウイグルのお料理と人々。

--------------------------------------------------- 
新疆伊寧遠征餐廰 
上海市愚園支路20号 
(烏魯木斉北路の近く) 
http://www.shanghainavi.com/food/92/ 
---------------------------------------------------


ー★ー
そして、今度は夫くんと、また違うウイグル料理屋さんへ。
これは完全にハマっているな。
「上海 ウイグル料理」で検索したときに一番最初に出て来たお店へ。
上海交通大学の近く。タクシーとばしてもらって行きました(飛ばす必要ないけど)。

a3.jpg

ここは静安寺近くのこじんまりした新疆ウイグルレストランより、
普通のレストランっぽい。内装もそんなにアラビアンナイトな感じもないし。
そしてお客さんも中国人が多かったかな。
(静安寺のお店は、顔の濃いウイグル系の人が客層だったから)
でも、おいしかったです、羊肉串。
そして、それより、羊肉排(羊肉ステーキ)が、おいしかった!
夫くんもハマってました。

a2.jpg

でも、ナンが焼きたてじゃなかった...!

---------------------------------------------------
耶里夏丽
上海市南丹東路106号(金鈅橋路近く)
021-6468-6079 
最寄り:地下鉄「徐家匯」駅
---------------------------------------------------

....、ということで、新疆ウイグル料理の旅は続きそうです。
オススメのお店があれば教えてください!



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

新疆ウイグル料理。

はじめて、新疆ウイグル料理を頂きました!
一緒に行った友人が、北京に留学してた頃にハマったとのことで、
急遽、ウイグル料理!

a1.jpg

おいしすぎます。
そして、このお店のウイグル系の店員さんの社交力は、
中華料理系のお店では見られない。
なんともホスピタリティーがあり、そして、価格も安い!
女子2人で行ったので、そんなにたくさん注文しなくて、この写真に載ってるくらいの量だったけど、これで100元ちょっと(1500円しない)。

はまります。
そして、おそらくまたすぐに来ます。

ちなみに、静安寺近く、久光百貨の裏側。
外で羊肉を焼いているので、分かりやすい場所。


---------------------------------------------------
新疆伊寧遠征餐廰
上海市愚園支路20号 (烏魯木斉北路の近く)
---------------------------------------------------



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

スペインの風「MISTRAL」

この前の日曜日。
それはとてもよく晴れて、とてもよく温度も上がった日。
スペイン料理でも食べにいこうと思い立ち、夫くんとギラギラ太陽の下、移動。

もちろんタクシーで。
a3.jpg

ここは、「MISTRAL」というスペイン料理。
上海ではいくつか有名なスペイン料理店があるようですが、
一番近そうなここを選びました。
それにしても、この日は31℃。
半袖なのに、汗が出る。

a2.jpg
▲ この写真の右側がお店。
フランス租界のあたりにあるので、
お店の周辺はプラタナスの傘で覆われていて、なかなかに快適。


a1.jpg

お店の中は、このような内装。
窓枠の色が、とてもギリシア的。
いずれにせよ窓がとても素敵。

そして、わたしたちは、せっかくなのでテラス席に。
暑いと思っていたけれど、プラタナスの傘は偉大。
まったく日射しを感じることもなく、そしてゆったりと座ることができました。

a6.jpg

大学時代の第二外国語はスペイン語だったのだけれど、
出されたメニューは「日本語」。
日本語メニューがあるんだね。
ワインと冷菜、そしてもちろんパエリアも。

結果、昼間から酔いました。


でも、ここは本当に居心地のよい空間。
フランス租界で、スペイン料理を食べる日本人。
それもいいじゃない。

そして、テラス席から外を見下ろすと、
そこには、グラナダの丘が、バルセロナが、ガウディ建築とピカソが、
というわけではなく。

a5.jpg

どうでしょう。
いかにも中国的個性的風景。
たくさんの家具(椅子や机)を自転車一台で引っ張って行く光景。

国は変われど、
どこの国も、それぞれに個性的で、
それぞれに美しいと、そう思う。


------------------------------
「MISTRAL」
復興西路133号
復興西路×烏魯木斉路
------------------------------



名称未設定.jpg スライド1.jpg

まえ.jpg| 1/1PAGES |つぎ.jpg


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg