カラフルの極み。そんなCafe。


2度目の上海灘Cafe。
今度は食事ではなく、アフタヌーンティーで。
新天地にある上海灘のカフェ。


a1.jpg

新天地(地名)はいつ来ても洒落ていて、居心地がよい。
街も綺麗し、トイレも綺麗。


a2.jpg

で、上海灘Cafeの3階。
3階ははじめて。
テラス席もあるようで、テラス席に座りたかったけれど、満席。
でも、中の席は相変わらずこの通りの色合い。
いいなー、いいなーーー。
色があると元気になる。人並みはずれて色が好きな自信がある。


a3.jpg

アフタヌーンティーはこんな感じ。原色盛り合わせ。
ただ見てるだけで、美味しい。幸せ。
そしてこの珈琲カップが欲しくて、このカフェの下にある「上海灘(店名)」に行ってみたけれど、このコーヒーカップは売っていなかった。残念!

それにしても、何度来ても、鮮やかなこのお店。
素敵すぎる。
こんな内装、大好き!

そして、色に満ちたまま外に出ると、すっかり夕暮れ。

a4.jpg


----------------------------------------
上海灘Cafe
黄陂南路333号2-3楼
021-63773333
----------------------------------------



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

エキゾチックなモロッコ風インテリアの異空間


人民公園内にあるモロッコをイメージした空間が特徴的なレストラン。
上海ではとても有名なところだと思うけれど、
まだ行ったことがなかったので、カフェをしに休日出掛けた。

a1.jpg

1階の様子。
中国語で注文しようとすると「英語しか無理なんです、僕。(英語)」というお店の人も。
なんだか逆にこちらが緊張してしまう。

休日だったので、17時以降は1階はディナータイムになるようで、
わたしたちはカフェだけだったので、17時のタイミングで2階へ上がることに。
それにしても、ここのティラミスはかなり美味!
甘いものが食べたかったので、生き返る生き返る。


a2.jpg
そして、2階。
1階より開放的で、色合いの個性的な空間。
ここで本格的な中東料理を食べれたり、水パイプをくゆらすこともできる。


a3.jpg
↑そして、このランプ。
東京で一度行ったモロッコレストランにもこのようなランプが。
このかわいいランプはモロッコでしか買えないのだろうか。
欲しいなーー。でも家にこんなに吊ったら実際は邪魔だろうな。変だろうな。


a4.jpg

で、珈琲を飲んでいたのだけれど、雰囲気に負けて、
「ちょっと一杯」。
わたしはピーチのカクテル。甘すぎて、まるでお酒の気がしなかった。
夫くんは、なかなか強めのカクテルだったので、少し酔っていた。

そんなこんなをしていたら、
隣の席で、水パイプをくゆらせる人がいた。
エキゾティックな休日。

-------------------------------------
BARBAROSSA
南京西路231号人民公園内
021-63180220
-------------------------------------



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

Deliと水果店。


なぜか最近、よく胶州路を歩きます。
何か特別に楽しい通りでもないですが、なぜかとても居心地がよく、
ときどき現れるカフェやデリに入ってみるのが最近のブーム!

で、上海での果物屋さんデビューも、胶州路でした。
中国語を勉強している最中なので、こういう小さな商店は、
店の人と必ず喋らないと買えないので、かなり練習になります。

a1.jpg

a2.jpg

「我想买好吃的水果!(おいしい果物が欲しい!)」と言うと、
「草莓,芒果 很好吃!!(いちごとマンゴーがおいしいよ!)」と、
おじさんが言うので、おっしゃる通り、いちごとマンゴーを購入(素直)。
そして、
「近くに住んでいるから、これを食べ終わったらまた買いにきます」
というリップサービス付きで、店をあとに。

で、近くに素敵DELI発見!
しかも店のおばさまは日本語が堪能で、お洒落!
小さいお店だったけど、欧米系食材が豊富なので、
欧米人が多数お買い物していました。

わたしは、ここでサンドイッチを食べることに。

a3.jpg
▲ このパンに、好きなものをはさんであげる。とのこと。
店内の冷蔵庫にはいろんな種類のハムとチーズ。
好きなハムとチーズを選びます。

▲ 店内の様子。


a4.jpg
▲ ロフトにはこんなかわいい空間が。


a5.jpg

▲ 借景はママチャリのおばちゃん!
でも、パニーニが美味しすぎました!!!

自分だけのものにしたい空間。素敵空間。
中国だということを忘れる空間。
(窓の外は気にしない!)


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

静安別墅のカフェ。



上海の旅行雑誌などでも最近よく取り上げられている「静安別墅」。
レンガの建物が続き、周辺の放置バイクや路上の果物売りがなかったら、
とても中国とは思えないような場所。



とても小さな間取りなのですが、
中国茶のお店や、雑貨のお店、画廊など、
こっそりといろいろあります。

同じようにとても小さな間取りながらも、
きちんとしたコーヒーを出してくれるカフェに行ってきました。

日曜日に行ったので、少し混んでいました。
が、平日にゆっくり行ってみたいなぁ。と。

こんな様子です。↓
猫がいるのですが、いわゆる「猫カフェ」だったのでしょうか?





名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

晴れ続きだった上海ですが...

ずーーーっと曇天だったのに、
今週は晴れ続き!
でも、今日はまた雨でしたね・・・。

昨日、太陽がさんさんと照っていて、なんだかどこかへふらりと行きたくなり、
学校帰りにこちらへ。
とても良い天気。
もうすぐ春ですね。

DSC_0389.jpg


中国語を少しずつ、ほんの少しずつ、覚えています。
どこに行っても、できるだけ
中国語で会話をします。

通じないときも、
「そういうときって何っていうの?」って聞くと、
中国人は、発音まで丁寧に教えてくれます。

「このスープ、もっとあたためて!」
「予約したいんだけど」
「席はあいてる?」

聞かなくてもいいことまで、
いちいち喋ります。

そして、思う。

クレーマーのようになってるな、わたし。

と。

でも、クラスメイトのフランス人が、
「中国語の勉強って一生懸命やってもだめよ!
ゆっくりよ!」
と言う。

彼女は漢字もまるでだめなので、
説得力ゼロなんだけど、
でも妙にagreeしたので、
のんびり珈琲でも飲むことにした。




名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

上海のレトロカフェ特集1


はい。
珈琲とお茶が何よりも好きです。
ひとりでも行きます。
誰とでも行きます。
何時間でも居ます。
何回もトイレに行きます。

そうです。
カフェが好きなのです。昔っから。

・・・
ということで、最近行った上海のカフェたちのご紹介!


<1>
Picnik コラージュ2.jpg
何といっても、内装がわたしの一番好きな「緑」!
「緑」の中でも、一番色味が好きな「緑の中の緑」。
色の居心地がよすぎて感動。
フランス租界周辺のお店。

-----------------------
DELI&BAKERY
「常熟路」駅付近
-----------------------



<2>
Picnik コラージュ1.jpg
「多倫路文化名人街」を街歩きしていたときに、
寒すぎて飛び込んだカフェ。
あとで雑誌にも載ってたカフェだと知りました。
クッキーをつまみながら、ホット珈琲を飲み、
あたたかさチャージをしたお店。

------------------------------------------------------------
「老電影珈琲館」
多倫路123号(地下鉄3号線「虹口足球場」より)
------------------------------------------------------------



<3>
Picnik コラージュ3.jpg
「静安別墅」の中のカフェ。
雨が降って来たので、飛び込んだカフェ。
大きなカップのカプチーノ。

------------------------------------------------------------
店名不明
地下鉄2号線「南京西路」駅よりすぐ
------------------------------------------------------------




<4>
Picnik コラージュ4.jpg
ここは有名ですね。
カフェではなく、中国茶館。
わたしは鉄観音。友人はバラの花茶を頂きました。
かれこれ何時間居たかなぁ〜。お茶うけも食べまくったし、
途中には麻婆豆腐まで食べた。

------------------------------------------------------------
「唐韻茶坊」
衡山路199号(地下鉄1号線「衡山路駅」出てスグ)
------------------------------------------------------------


まるで覚え書きのようでスミマセン。



名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

スタバ事情 in 上海

上海はスタバがとても多い。
東京の何倍の数もあるのだろうと思う。
上海だけで130店舗あるとのことですが。
ほんとうに、少し歩けばすぐにスタバ。
場所によっては、欧米人が多数というところも多い。

写真-tiltshift.jpg

それに、上海は喫茶店でのネット事情(Wi-fi 事情)がかなり良い。
スタバもマックも、WagasというカフェもWi-fiフリー。
よって、Mac片手にブログを書いたり写真の整理をするには、自宅にいるよりなんだか快適。
わたしも自宅近所のスタバをMy officeがてら利用する予定。

写真6.JPG

意気込んで、カウンター横のプチ図書棚から本を借りてみる。
結局、最初の1ページで断念(苦笑!)。

写真k.JPG

ここのスタバは2階がかなり広くて、お客さんもあまりおらず、店内の明るさも少し照明が暗い感じで好みだし、わりと静かだし、気に入った!

でもでもね、、
日本人感覚的に、スタバにこのマイタオル的なのはやめていただきたいナ。

写真.JPG




名称未設定.jpg スライド1.jpg

まえ.jpg| 1/1PAGES |つぎ.jpg


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg