上海のレトロカフェ特集1


はい。
珈琲とお茶が何よりも好きです。
ひとりでも行きます。
誰とでも行きます。
何時間でも居ます。
何回もトイレに行きます。

そうです。
カフェが好きなのです。昔っから。

・・・
ということで、最近行った上海のカフェたちのご紹介!


<1>
Picnik コラージュ2.jpg
何といっても、内装がわたしの一番好きな「緑」!
「緑」の中でも、一番色味が好きな「緑の中の緑」。
色の居心地がよすぎて感動。
フランス租界周辺のお店。

-----------------------
DELI&BAKERY
「常熟路」駅付近
-----------------------



<2>
Picnik コラージュ1.jpg
「多倫路文化名人街」を街歩きしていたときに、
寒すぎて飛び込んだカフェ。
あとで雑誌にも載ってたカフェだと知りました。
クッキーをつまみながら、ホット珈琲を飲み、
あたたかさチャージをしたお店。

------------------------------------------------------------
「老電影珈琲館」
多倫路123号(地下鉄3号線「虹口足球場」より)
------------------------------------------------------------



<3>
Picnik コラージュ3.jpg
「静安別墅」の中のカフェ。
雨が降って来たので、飛び込んだカフェ。
大きなカップのカプチーノ。

------------------------------------------------------------
店名不明
地下鉄2号線「南京西路」駅よりすぐ
------------------------------------------------------------




<4>
Picnik コラージュ4.jpg
ここは有名ですね。
カフェではなく、中国茶館。
わたしは鉄観音。友人はバラの花茶を頂きました。
かれこれ何時間居たかなぁ〜。お茶うけも食べまくったし、
途中には麻婆豆腐まで食べた。

------------------------------------------------------------
「唐韻茶坊」
衡山路199号(地下鉄1号線「衡山路駅」出てスグ)
------------------------------------------------------------


まるで覚え書きのようでスミマセン。



名称未設定.jpg スライド1.jpg

いいですね雰囲気のあるカフェ店
威海にはこんな雰囲気のお店は無いのがくやしい〜です。
写真の雰囲気も良いので余計に悔しい(笑)
↑同じく
田舎に住んでる日本人には目の毒です。(笑)
こんにちは!
全開で中国生活をエンジョイしていますね!
うらやましい。
中国語の勉強はどうですか?
ボホモホ、、、 マーマーマーマー 難しい!
>ごーさんさん
欧風なお店があるのは上海独特なのでしょうか?(笑)
半年後から北京ですが。
  • 麻友子
  • 2012/03/12 5:36 PM
>毛沢山さん
目の毒!
でも、アクロバット走行はあまり見られませんよ!?(笑)
  • 麻友子
  • 2012/03/12 5:37 PM
>なに言うとりまんねん!さん
ちゅうごくご?
チュウゴクゴ?
大学で勉強してますよ(笑)
ボーポーモーフォー
にーしーらおしー
  • 麻友子
  • 2012/03/12 5:38 PM
カフェほんとおしゃれですね!
おいしい中国茶飲みたい!
写真の配置や文字のレイアウトなんかも雰囲気よくて参考になります♪








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg