中国暮らし1ヶ月に思うこと。


この街の夜道を歩いていると、吉本ばななさんの『キッチン』をなぜか思い出す。
小学生の頃だったか、読書に関しては同年代のどの子よりもきっとマセていた私は、『キッチン』を読んだ。

わたしがこの世で一番好きな場所は台所だと思う。

そうはじまるこの小説。
そして、深夜に冷蔵庫の横にもたれかかり、
主人公は物思いにふける。

その冷蔵庫のなまあたたかい感じと、
夜の微妙に青くて暗い感じと、
床と接触している皮膚の感覚と、
そしてどこか虚空を見ているような目と、

それを小学生のわたしは本の世界の中で想像していたわけだけど、
上海の夜は、なんだかそんな感じがする。

たとえば、
夜、夫の帰りを待ちながら、中国語の勉強をしている。
高層階の自宅の部屋で、
近所のスタバの薄暗くて丸い机で。

そして、ふといつかの春に聴いていた歌がiPodから流れてくる。
東京を思い出したり、
東京に行く前のことを思い出したりする。

ふと自分が今どこに座っているのか分からなくなる。
春独特のこのフヌケな感じ。
だから春は好きになれないんだなぁ。

最近、色々な機会に恵まれ、
「発信する側」にいるような気がしているけれど、
本当に発信したいこと、
伝え方、言葉の選び方、文の作り方、
写真のこと、
それがどうにも過去のように正直に出てこない。
人を攻撃するための発信しか出来なかった過去がたくさんあるけど、
でも素直は素直だったなと思う。

夜、ふと不安になる。
ほんとに感じていること、思っていること、
それらはどこにたまっていっているのか、と。

自分の体のどこかにきちんと貯蔵されてるのなら、
きっといつかそれを取り出すことができる。

そんなことに悶々としていると、
夫は言う。
「それを含めて、いまそういう文章になっていることを含めて、それでそれに対して悶々としていることすべてが、今のあなたでそれが大事」と。


今日、上海の外国語本屋に言った。
日本含め中国以外の人向けの書籍が揃う。
素敵な書店だった。

日本の小説も少しだけ置いてあった。
でも文庫本で1500円、ハードカバーに至っては3500円くらいの値。
日本語を読みたくなっているので、小説を買おうと思ったけど、高いのでやめた。
小説のリズム、日本語のリズム、ひらがなの絵的感覚。
そんなものを見れば、何かまた違うものを紡げそうな気がして、書店に向かったのだとそのとき思った。

でも、結局、中国語の本を買った。

もともと並外れた劣等生だった私は、
劣等生じゃなくなったあとから変なプライドを持つようになった。
劣等生は劣等生じゃなくなる努力をすれば劣等生じゃなくなる。
中国語だって、大学に行く以外にも勉強しないと、
私はいつも人より頑張らないと、
もともと器用な方ではないので。

人を否定することでしか人と自分を比較できなかった時代を乗り越え、
今はまるで人に対する否定、環境に対する否定、
そんなものが消えていった。
中国に来てから、余計に。
(そりゃこんな国ですし)


夜、ずっとわたしのうしろを黒くて長い影がついてきていた。
スリか何かがついてきていると思って、
後ろを振り返ったけれど、誰もいなかった。
10分くらい、振り返るに振り返れなかったのに、
上海の夜に伸びた自分の黒い影だった。

そうやって、東京にいても上海にいても、北京に行っても、
なんとなくなんとなくだけど、
自分が自分であることを確認していくのだと思った。

いまは綺麗なこと、表面のこと、鮮やかなこと、おいしいこと、
そんなことを発信することに決めている。
だから、私の発信している上海はお洒落かもしれないし、
綺麗かもしれない。

けれど、実なそんなことが全て自分の心に映っているものかというと、
そうじゃないのだけれど、
そうじゃないということを、
自分でしっかり知っておくように、
悲しい気持ちも、しんどい気持ちも、がむしゃらな気持ちも、ふと襲う空虚な気持ちも、全部きちんと自分のどこかに貯蔵されていますように。

そんなことを思うのです。

こちらの生活は想像以上に楽しいです。
毎日インターナショナルです。
いろんな国の人と会話し、
お店でも「これ、あれ」しか言えなかったわたしが、
少しずつ中国語で会話できるようになって、
やっと「リーベンレン(日本人)」の枠から、個人の枠へといけるように頑張る段階にきたような気もします。

なんで今中国にいるのか。
夫の転勤なんだけど、いろんなことがリンクしているのが世の常だから、
いろんなことを大事にしようと思う。


中国暮らし1ヶ月。
苦学生のように勉強している時間が、とても好き。
読書と同じように、何かに没頭している行為が好き。

これから自分がどこにいこうとしているのか、
そう思うこともあるけれど、
そんなことを考える時間が惜しいので、そしてそういう体力をこの新しい環境下では持ち合わせていないので、
冷蔵庫の横に座りながら、なんでもいいから、中国語の単語でも覚えるのです。
なんか、受験勉強とか、高い目標があってそこへ向けて必死になるというようなことをまたしてみたいんだろなぁ、と思う。
一種の「若作り」。か。

長文になったけれど、
最後まで読んで下さった方がいたら、なんだかうれしいな。
これがわたしのような気がするから。



名称未設定.jpg スライド1.jpg

最後まで読みました♪
100%内容を理解できているかは分かりませんが、なんだかすごく共感してしまいました。

「キッチン」、分かる様な気がします。
もうどれだけ前に読んだか覚えてないくらいなんで、ストーリーや細かい部分は覚えてないですが、作者の作りだす空気感は記憶の芯に引っかかっています。

外国で生活する疎外感と、地に足がついていない感じが、「キッチン」を思い出させるのかなと何となく思いました。

いま、感じたことや言いたいことのある一面しか表現していなかったとしても、必ずその中の深いところで、あえて言わなかったことも含まれているんだと思います。
今、発する言葉は、いろんなことを感じている自分から発せられた言葉なんですから。

ということで、これからも更新楽しみにしています。


PS
ご存知かとは思いますが、日本の本買うならアマゾン楽ですよ。
私もちょくちょく使ってます。
海外の送料↓
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/?ie=UTF8&nodeId=642982&tag=shu4416-22&linkCode=ur2&camp=247&creative=7399#international
麻友子さんが書かれてることを
ちゃんと読み取れてるか分かりませんが…

アウトプット出来ないこと、私もたくさんあります^^
ずっとネット上でアウトプットし続けてますが、
やっぱり日本から出る前と、こっちに来てからとでは
書いてる物の何かが違いますよ〜。

それは、「インプットするべきものが多くて
アウトプットする余裕がない」のかもしれないし
「アウトプットする話題の要素が変わった」のかもしれないし
「アウトプットした先にいる人の事を考えた結果」かもしれない。

(あるいは歳を取った結果かも…(笑))


まぁ何にせよ、私は警戒心が元々強い方だから
麻友子さんほどは楽しめない予感…(笑)
  • ふるる
  • 2012/03/17 5:46 PM
↑あ、楽しめないっていうのは、
あまり外国の人としゃべれないって意味です〜。
結構色んな人と交流されてるようなので(*U∀U*艸)♪
  • ふるる
  • 2012/03/17 5:50 PM
最近「タテマエ」の世界でもちゃんと生きることが出来ていることに気がつきました。
もっと若いときには、そんな自分は決して許せなかったと思いますが…
それでも思うのは、根本的な性質は少しも変わっていないのではないかということです。
歳をとるごとに嫌気がさすことが多くなりましたが、それ以上に世の中の仕組みや人情みたいなものへの理解も、私なりに出来てきたような気もしてます。
多分私もいま、「発信する側」にいます。
腹の一番奥底にあるものをアウトプットしているかどうか、分かりません。いま、本当にそれをしたいのかどうか、出来るのかどうかも…
「自分の体のどこかにきちんと貯蔵されてるのなら、
きっといつかそれを取り出すことができる。」
私もそう思います。
どうしようもなくあふれ出てきたときが、その時なのかも知れませんよね…
  • ツマ
  • 2012/03/17 7:03 PM
昔、文字化出来ないのは自分の中で事態を完全に「認識」あるいは「納得」出来ないからだ」 と考えていました。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/403/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1516/trackback

でもある時、「認識」は常に移ろうもの、それでいいではないか? と思い始めたときスラスラ書けるようになった気がします。 

どうせ変るのなら、その瞬間その瞬間で文字に凝集しようと、 またそうすることで、未来の自分がそれを打ち壊しに来ることが出来るからとね♪

あ、 でもとりあえず 「オサレな上海レポート」 を希望します。  他の部分は毛沢山さんや、ポンコツさんで満足していますから(笑) 
吉本隆明氏が亡くなりましたね。
私は、先輩たちの影響で、ばなな氏より隆明氏を読んだ世代なんですが、もうああした時代は終わったんだなあと感慨があります。
日本という国には、学者や祖述者は沢山いるのですが、自分の言葉で語る思想家という人はほとんど存在しません。
その中で、稀有な存在だった隆明氏が亡くなり、いよいよ無明の時代が来たようです。
>SHU@キルギス
素敵コメントありがとうございます。
頂いたメッセージを反芻しています。
キッチン的疎外感と受容的感覚。
大事な感覚だと思います。
これからも色々な感覚を共有できたら、と思います。
ありがとうございます!
そして、Amazon、挑戦してみます!
  • 麻友子
  • 2012/03/19 5:57 PM
>ふるるさん
コメントありがとうございます!
そうなんですよね、
外国にいるとインプットの量が多すぎて、
そのインプットを深く思考し発信する余裕がないです。
日本にいると、いろんなことが飽和状態だから、物質的ではないことについても思考したし発信できたのかもしれませんが、
ここは中国で、外国で、しかも私はまだ初心者だから全てが物質的なことに結びついていて、なかなか深い何かを発信できません。
これからも、楽しい中国を教えてくださいねーー!!
  • 麻友子
  • 2012/03/19 6:00 PM
>ツマさん
そうなのよねー。
どうしようもなく溢れ出てきたときこそが、「そのとき」なんだと思う。どうしようもなく溢れてこないときは、ムリに捻出しなくていいよね。
ほんとそう思う。
ありがとう。
お互い、やりましょうね。
  • 麻友子
  • 2012/03/19 6:01 PM
>Hiroshiさん
「オサレ中国」頑張ります!(笑)
そして、アクロバティック&生々しい中国は、みなさんにお任せします♪
わたしは、「オサレ担当」で。(ニヤリ)
  • 麻友子
  • 2012/03/19 6:02 PM
>模糊さん
なるほど。吉本隆明さんの本、ちょっと読んでみます。
世代といっては、わたしの世代もばなな世代というわけでもないのですが、わたしはばななさんの世界、少し刺々しいのに弱くて悲しい世界が好きです。
でも、お父様の方も、読んでみます。
おすすめがあったら教えてください!
  • 麻友子
  • 2012/03/19 6:04 PM








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg