安藤忠雄講演会 in 上海 .


上海にて安藤忠雄の講演会「アジアの時代」へ行ってきました。
夫くんがチケットをだいぶ前から取ってくれていたのです。
日中国交正常化40周年のイベント。

そして、講演会場がここだったので、
はじめて上海万博会場跡地へゆきました。
広い !!


DSC_0351.JPG

DSC_0367.JPG

安藤忠雄さんの講演ははじめて。
でも、相変わらずのトークの面白さ。
全部のトーク内容に中国語の翻訳がつきます。

コルビジュエの建築の話や、震災の話。
そして、地球で生きる上での人間の責任。
都市を開発していく上での人間の責任。
などなど。

Picnik コラージュ.jpg

上海にある安藤忠雄建築を見に行こうと思います。
北京でも、故宮近くにものすごく良いデザイン(だと私は思った)のホテルを建築中のようです。
北京にいく楽しみが増えた!

にしても、日本での彼の建築物より、
中国での彼の建築物は、中国の国土の広さがあってこそなのでしょうが、スケールも大きければ、デザイン性の突拍子さ(日本ではもしかしたら受け入れられないようなデザインだったりしていると思う)も凄まじい。

都市計画の勉強をしたくなりました。



名称未設定.jpg スライド1.jpg

面白そうだな〜〜☆

毎日「外国にいるからこそやるべきこと」
(生活になれるとか、語学を習得とか、街の探索とか)
とは少し違うことをすると
ものすごく楽しかったり、心が開放されたりしますよね^^

さらに中国語の勉強にもなって、楽しそう!
う〜ん、読んだだけでワクワクしますね!
私も聴きたかったです、安藤氏のお話。
地球で生きる上での、都市を開発していく上での人間の責任…
人類すべてが無関係ではいられない問題ですね。
  • ツマ
  • 2012/03/21 8:02 AM
>ふるるさん
外国にいるのに、「日本人の講演を聴く」。
というのは日本で聴くのとはまた違って、妙に客観的だったり感情的になったりで、良い経験になりました!
またコンサートとかも行きたいです。

中国語はチンプンカンプンでしたけど・・・!(笑)
  • 麻友子
  • 2012/03/21 4:53 PM
>ツマさん
昔開発されて禿げ上がってしまった山に木を植えることも、建築家の仕事のひとつのようです。
でも、木を植えてその木が育つのには時間がかかる。
木を伐採してまで建てるべき建物というのは何なんでしょうね。
わたしたちも、結局木や土を壊した場所に住んでいるのですが。
バランスよく共存していかなくてはなりませんね。
  • 麻友子
  • 2012/03/21 4:54 PM








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
◇アクセサリーブランド運営 「coloridoM」
◇Instagram→こちら ◇中国語で日本語を教えてたりもしています
-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡はこちらより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg