【枕水人家/烏鎮】レトロ夜景群


烏鎮は、どこを切り取ってもレトロ。

2.jpg
▲ こんなところに住みますか?こんなところで食べますか?

1.jpg
▲ お茶館に、街のレストラン。良い香り。


3.jpg
▲ 普通のポットまで絵になる


いよいよ夜になりますー!

5.jpg

6.jpg
▲ 千と千尋に出てきそうな光景


4.jpg

7.jpg

そして、青島ビールを2人であけました。
川辺の青島ビール。夜風は少し肌寒い。

DSC_0604.jpg

(→つづく)



名称未設定.jpg スライド1.jpg

私が行ったときは夜の烏鎮は時間の関係で移動しなければならなかったので見れなかったのですが良いですね。
何処をとってもレトロなんですが、私が写真に写し撮って帰ってみると何処を撮っても同じような写真になっていたので少々がっかりしました(笑)ポットからレトロな風景を写し撮るところなどいいですね。
う〜ん、やっぱり異国情緒!
でも郷愁を誘われるような、こみ上げてくるような懐かしさは一体何なんでしょう…
千と千尋観たくなりました笑
  • ツマ
  • 2012/04/12 5:07 AM
夜の風景、素敵ですね〜〜☆
バスで日帰りだと、夜景を見るのは難しいんでしょうか??

>ごーさんさん
烏鎮は夜が素敵かもしれませんね。
レトロなのは確かですが、欧風のバーなどもあり、夜を長く楽しめます。町の中にはスパもありました。
(が、少し微妙でしたが)
是非是非、夜、おすすめですよ♪
  • 麻友子
  • 2012/04/13 12:26 AM
>ツマさん
異国情緒なのに、郷愁!
なんだか分かる気がする!
山形はこういう場所はあるのでしょうか?
  • 麻友子
  • 2012/04/13 12:27 AM
>ふるるさん
バスの時間次第だとは思うのですが、そんなに遅くまでバスはないかと思います。でも夕陽をみて帰るくらいのバスならあると思います♪タクシーチャーターでも、だいたい200元くらいで行けるとは思います。
是非是非、行ってみてください♪
日帰りで十分だと思います♪
  • 麻友子
  • 2012/04/13 12:30 AM








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg