【杭州】西湖へ



清明節のお休み。
烏鎮から杭州へ移動。タクシーに乗って、2人で200元とか。
2時間乗ったのにね。
ただ、さすが中国の連休!
車はかなり混んでました...。
が、なんとか無事に杭州到着!

a2.jpg
▲ 小綺麗にしてある街でしたが、道路事情などは上海よりやはりだいぶ悪かったような気がします。でも思ってたより都会!


a4.jpg
▲ 杭州といえば西湖。
マルコポーロも西太后も愛したと言われる場所です。
ただ、西湖の周辺はこんな感じ。お祭り騒ぎ。


a6.jpg
▲ 西湖の夕暮れ。なんとか間に合いました。


a7.jpg
▲ でもねでもね。
連休だし、観光地だし、中国人がたくさん遊びにきていて、
きっと人の少ないときならかなり風情がある風景も、こんな感じ。人だらけ!


a5.jpg
▲ 湖はぐるっと歩いて(自転車で、車で)まわれます。
周辺はどこもにぎわっています。
で、街の方とは反対側へ。
写真の黒いところは西湖です。街が明るい!
ただ、広い湖なので、わたしも夫くんも歩いて逆サイドに来たことを後悔。足がしんどい!


a.jpg
▲ 夜は杭州料理の老舗へ。魚料理が多いのが杭州料理の特徴。
お肉料理より魚料理の方が値が張ります。
上海で食べる料理とはなんとなくやはり味付けが違う。
(わたしは杭州料理はあまり好きではないかな。お酢が利いてる料理が多いのかな?)

a3.jpg
▲そして、杭州で一泊します。
シャングリラホテル、さすがに前日に予約しようとしたら、部屋があいてませんでした!
(正確には、10万のスイートだけ空いてました)
杭州をなめていました!
で、前日なんとかとれた一応5つ星ホテルへ。
中国資本のホテルだったので、5つ星といえど、うん綺麗だったけど、フロントの対応はかなりイマイチだったですね(英語くらい話せる人がいてほしいものね)

ということで、杭州の旅はまだ続きます
(→つづき)



名称未設定.jpg スライド1.jpg

杭州は拡大都市圏で683万、杭州そのものでは300万、大都市です。不動産の高さは北京や上海と同格です。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2093/trackback

Shanguri-La Hotelなかなかよかったですよ。私が泊まったのはEast wingですが景色は抜群。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2147/trackback

ただ、英語を話せるスタッフは余りいないようです。ホテルの東棟?近くの健康管理センターで、
http://www.odzhaoyan.com/xmjs.html
でスタッフの代わりに私が英語の通訳したことも(笑)
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2595/trackback
3枚目の夕暮れの写真、ぐっときます。
  • ツマ
  • 2012/04/15 7:53 PM
麻友子さま、こんばんは!

すごい勢いで中国を駆け巡っていますね!
いまは、上海近郊ですけど、そのうち、広州辺りも遠征するのでは!
>Hiroshiさん
やはり!
英語の通じなさは、上海以上ですね。
でも、杭州って、タクシーが全然捕まらないですね(まあ、連休最中だったからだと思いますが)。交通の便にかなり苦労した杭州旅行でした。
Hiroshiさんも色々と経験豊富なようで素敵ですね!
シャングリラはまたリベンジします!(笑)
  • 麻友子
  • 2012/04/15 9:48 PM
>ツマさん
ありがとう。
美しいよね。マルコポーロが「もっとも栄えた街」と言ったのがこの杭州のようですよ。
美しい湖の夕暮れでした。
  • 麻友子
  • 2012/04/15 9:48 PM
>なに言うとりまんねん! さん
広州!
どこですか?(笑)

行きたいところたくさんですが、
なにせ中国の連休のときに動くと大変なことになるようで(今回の清明節連休で思い知りました)、悩ましいですね。
  • 麻友子
  • 2012/04/15 9:50 PM








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
◇アクセサリーブランド運営 「coloridoM」
◇Instagram→こちら ◇中国語で日本語を教えてたりもしています
-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡はこちらより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg