【杭州】サイクリング&お茶ロード


杭州の朝。 爽快!
爽快??

ん??

ということで、とりあえず清明節の真っただ中だったので、人が多い...!
まず、龍井村というところのお茶館に行きたかったので、タクシーを30分かけてやっとこさ止めて乗ったはいいけど、運転手逆切れ!
「車が動かねーんだから、そんなところまで行けるか!」
(いや、ほんとに見事に渋滞をする西湖周辺)

ということで、
「ここで降りるわよ!」的な感じで、降りる。
無駄なタクシー時間20分。

ということで、レンタサイクルを。

が。
こちらのレンタサイクルも、借りるのに1時間以上の行列!

もう!


だが、足がないとどこにも行けない。
とにかく上海と違って、タクシーがまるでつかまらない。
自転車で行くしかない!

a7.jpg
▲ かなりの行列でレンタサイクルを待っている横で、呑気な人たち。
っていうか、レンタサイクル所の人たちでさえ、普通に行列の横でお弁当とか呑気に食べてるしね!(日本のすぐれたホスピタリティを実感します)
しかも、かなりの行列なのに、切符を買う窓口とか半分閉めてるしね!
(開けなさい!)


a1.jpg
▲ ということでやっと自転車に乗るわたくしたち。
が、いったん自転車をゲットすると、爽快!
初夏の軽井沢、という感じの景色が広がります。
(上海よりかなり空気が綺麗)


a3.jpg
▲ 杭州は「西湖龍井茶」の産地でもあります。
こんな景色です。


a2.jpg
▲ なぜこんな風情のある格好をしているのだろう。地元の人。


▲ 龍井村にはいると、こんな景色。
新茶の季節なので、いたるところでお茶葉を見ます。

a4.jpg
▲ あとは、こういう姿も。


a6.jpg
▲ こんな見事に干された豚の足も。


ただ、この龍井茶の龍井村はなかなかの観光客!
欧米人も多いので、なんだか不思議なアシンメトリー感。


ということで、龍井茶の新茶を頂くことにしました。
(→つづく)



名称未設定.jpg スライド1.jpg

私が杭州に行った時は全く普通の土日だったのですが
(しかも2月)
それでも人が多くてタクシーつかまらず、バスも進まず…という感じだったので
清明節のこの日はそれ以上だったでしょうね〜!

そしてサイクリング、正解だと思います!
足がないとホント西湖回るのは
行きは良い良い、帰りは…という感じですよね(笑)

なんにせよ、上海も大概人が多いですが、
観光地に行くと、「中国、人口多いな。」って
肌で感じます(笑)
杭州で自転車に乗って回りましたか、季節もよく爽快でいいですね。
何しろ私が行ったときは駆け足でしたので西湖の船に乗って遊覧するのがやっとでした。
上から3番目の写真、何となく私の9番目の写真の背景の山とか似ていますね〜♪
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2407/trackback

私が行ったのは祝日でもなく、人は多くなかったのでよかったです。
でも、仰る通り完全な観光地ですね。

杭州出身のruruさんによれば、ちょと前までこのような感じではなかったとか。
http://blog.livedoor.jp/ruru8008/
本当に人が多いんですね!(小学生並みの感想ですが…)
茶畑の写真を見ると、私の住みたい中山間の風景といった風情ですが、観光客たくさん来るのはイヤだなぁ笑
  • ツマ
  • 2012/04/17 5:35 AM
>ふるるさん
人の多さは、もう何というか・・・!
西湖の周辺の観光バスの多さといったら・・・!
そして、そこから降りて来る人の多さといったら・・・!
日本人の団体はいないようでしたが。

普段、上海にいると人が多いなとはあまり思いもしませんが、
観光地は格別ですね!
いい経験になりました(苦笑)
  • 麻友子
  • 2012/04/17 10:33 PM
>ごーさん
わたしは、逆に観光船には乗っていません。
すごい人だったので・・・(笑)
今度いくときは人の少ないときに、ゆっくり舟に乗りたいものです(笑)
  • 麻友子
  • 2012/04/17 10:34 PM
>ツマさん
きっと山形とは比にならない人の多さだったと思う!
のどかな山間の風景は美しかったけれど。
人が多いのは苦手!!!
  • 麻友子
  • 2012/04/17 10:35 PM








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
◇アクセサリーブランド運営 「coloridoM」
◇Instagram→こちら ◇中国語で日本語を教えてたりもしています
-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡はこちらより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg