『村上春樹の読み方〜中国語圏における村上春樹

 世田谷文学館にて、連続講座『村上春樹の読みかた』に参加。

今回は、
「中国語圏における村上春樹」というテーマ。

まさに、自分の興味が重なったような題材だったので、これも何かの運命と思い時間ぎりぎりになりながら駆け込みました。興味深かった。

村上ファンとして、小説やエッセイのほぼすべてを読んできましたが、そこにあらわれる「中国」についてはこれまでまるで素通りしてきてしまったので、今一度、再読した方がよいかと、そう思っています。













<覚え書き>
◇ 上海・北京にて村上春樹が広まったのは1998年(政治運動に疲れた中国の若者と、村上の描く資本主義で孤独を感じる若者に共感した)

◇ 世界ではじめてハルキムラカミを翻訳したのは台湾

◇ 台湾では村上春樹人気はすごく、カフェ「ノルウェイの森」や パブ「海辺のカフカ」などがある

◇ 台湾では「1Q84」だけ売る専売書店ができた

◇ 中国では当初「資本主義の悪の部分としての村上作品」として読まれ、社会主義の正当性を高めるために活用された

◇ 中国では「ノルウェイの森」は発売当時、ポルノ小説として紹介され、表紙の装丁は着物のはだけた日本女性のイラストだった

◇ 1991年〜1995年、村上小説は中国で発禁となる

◇ 『上海ベイビー』の作者、ウェイ・ホイは村上作品に影響をうけた‘村上チルドレン’である

◇ 『中国行きのスロウボート』の冒頭「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な孤独が存在しないようにね」は、村上が大きく影響をうけた魯迅の『野草』の一説を真似ている「絶望の虚妄なることは、まさに希望と相同じい」

◇ エルサレムスピーチでの「高い壁と卵」は、その3年前に中国にて同内容のコメントを発表している(チベット暴動、地方労働者の都市部への出稼ぎ問題などに関して)

◇ 先生を裏切った記憶・・・『中国行きのスロウボート』と魯迅『藤野先生』

◇ 村上春樹「父は戦争中に徴兵されて中国大陸に行きました。中国は僕にとって実在するものではありませんが、しかしとても大事な“記号”なのです

◇ 
『1Q84』の“ふかえり”の父は、毛沢東の革命思想を崇拝

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

などなど。
わたしは、自称 deepな村上ファンですが、彼の中に流れる「中国」をもっと知りたいと思うのです。


名称未設定.jpg スライド1.jpg









   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg