南京へ3〜城壁へ


南京には「中華門」という城門がある。
これは、中国に現存する最大の城門と言われ、明の時代に作られたもの。
1930年代には、日本軍もこの場所で中国軍と戦っている。

a4.jpg

とはいえ、この城壁付近は観光客もほとんどおらず、
閑散としていた。(時間が夕方だったからかな)


a5.jpg
↑ 城壁の上はこんな感じ。
西安の城壁よりも、時代が新しい感じかな。


a6.jpg
↑城壁の上から街を見下ろすと、こんな感じ。
庶民の暮らしを眺めることができる。


a7.jpg
↑城壁の下のトンネルのような場所で、楽器の練習をしている人が。
このテーブルと椅子は自前なのだろうか?
そして、音が響きすぎていたけれど、練習場所としていいのだろうか。


a8.jpg

中国の観光地には、歴史がつきもの。
中国史の勉強ってこれまであまりしてこなかったから、
どこかに出かける前にはせめてその場所の歴史を勉強していかないといけない、
そう思う、中華門の城壁の下。緑が美しい。



名称未設定.jpg スライド1.jpg









   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
◇アクセサリーブランド運営 「coloridoM」
◇Instagram→こちら ◇中国語で日本語を教えてたりもしています
-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡はこちらより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg