西安門大街の教会カフェ / 1901Cafe


西安門大街の教会をリノベーションしたカフェ。

a1.jpg

今日も暑い。
この辺りは、木が鬱蒼としている場所が多いので、
木の影に隠れながら歩くと、ちょっとはマシな感じ。
そして歩いていると、不思議な建物を発見。

a2.jpg

↑なんだか周囲の中国的商店と違って、バロック式の洒落た建物。
CAFEと書いてあるので、入ってみる。


a3.jpg

入り口すぐに注文するカウンターがあって、そこで注文すると、この↑入り口からカフェへ。ここは、1901年に建てられた教会をカフェにした場所ということもあり、入り口もなんだか教会っぽい。


a4.jpg

カフェスペースは、2階、3階、そして屋根裏のような場所にも1テーブル。
本棚がたくさん置かれていて、図書館みたい。
でも、木目調のインテリアと大きな窓は、いかにも教会。


写真.JPG

中国語で書かれた聖書なんかも置いてあったり、その他中国の民俗本もあったり、なんだか楽しい。実際、カフェに来ているお客さんも読書をしている人が多かった。
(あ、あとは中国らしく、寝ている人も多かった)

a5.jpg

窓の装飾が美しい。
そして窓の外の緑で影絵になっていて、情緒的。


a6.jpg

本棚はこんな感じでたくさん置かれています。
そしてアイスコーヒー中杯で、40元(=600円くらい)なので、現地価格としてはお高め。
ちなみに、北京のバスは距離にもよるが、だいたい一律1元(=15円)。
そう考えると、高いコーヒー。

でも、ここは、とても静かでいい場所。
しかもどの席もソファ席で机が広いので、作業などがあるときにもいいかも。
木漏れ日が美しい。(が、時間によっては強烈な紫外線を浴びてしまうかも)

またここに座りにこようと思う。


---------------------------
1901 CAFE
西安门大街101号
TEL 66160335
---------------------------


名称未設定.jpg スライド1.jpg

お久しぶりです〜。
しばらくうかがってない間に
北京にお引越し完了だったのですね〜(TДT)

引き続き北京の風景、楽しみにしています!








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg