后海の路地裏〜宋慶齢故居


后海を湖ごしに歩いていくのもいいけれど、
一歩路地を入ると、まるで湖の近くとは思えないような路地が広がっている。

a1.jpg


こんな風景。↓

a2.jpg

a3.jpg


↓寺院なんかもある。
a4.jpg


a5.jpg



そして、この湖のそばに、宋慶齢故居がある。
言わずと知れた孫文の奥様であり、自身も中華人民共和国副主席を務め、
死の直前に「中華人民共和国名誉主席」の称号を授けられた。
妹で蒋介石夫人の宋美齢と共に総称される「宋氏(家)三姉妹」の一人。

a6.jpg


もともとここは、清朝最後の皇帝、溥儀の父、醇親王の王府だった所。
1962年に70歳の古希を迎えた宋慶齢の邸宅として改築され、1981年に逝去するまで住んだ 屋敷。この宋慶齢の邸宅は、国家の重点文物保護単位に指定され、一般に1982年から公開されています。  
とても広い敷地。

a7.jpg
お屋敷の中に、こんな庭と池が広がっていて、
どんどん奥へ進んで行くと、

a8.jpg

住居に到着!
中華風と洋風が混じったかのような、素敵な住居。
写真の右は、大会議室。写真の左の奥が住居。


a9.jpg

中には、ちょっとした記念館も。
上海の孫文故居で見たのと同じような写真が飾られている。
孫文&宋慶齢が日本で挙式をあげたときの写真。

中国はどこにいっても、孫文さん、宋家三姉妹の故居や記念館がある。
ほんとにどの街にもあるくらい。

この故居は、とても優雅な場所。
そして、これに関する記事は→http://www.asajikan.jp/wmphoto/reporter87/archives/1031


----------------------------------
宋慶齢故居
西城区後海北沿46号 
TEL 64044205 
開館時間:9:00〜15:30
月曜は休館
----------------------------------


名称未設定.jpg スライド1.jpg









   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg