北京の隠れ家 四合院カフェ〜チェコ風情


南鑼鼓巷の横道「帽儿胡同」。



少し工事中のがたがたな感じが目立つ胡同。
でも、急にチベット系の店が出て来たりして、さらに歩いていくと、四合院の玄関が登場する。



このいかにも四合院という風情の玄関の奥が、カフェ。
チェコの方がオーナーのカフェで、この胡同の路地裏と、四合院づくりの中のチェコということで、実際のチェコには行ったことはないけれど、どこか遥か遠くの異郷へ想いを馳せることができる。(気がする)。


店内はこじんまり。
でも、居心地がいいし、店員さんも感じが良い。
お客さんは、欧米人が多い。



そして、ここでは、「クレープ」がメイン料理。
クレープと言っても、日本の若者街で売っているような甘いクレープではなく、
フォークとナイフで食べるクレープ。
ガレットではなく、クレープ。(とのこと)
店員さんに聞いてみたら、「法国的(フランスのだよ!)」とのこと。
(チェコのではないらしい)

甘いクレープももちろんあるけれど、
ほうれん草と鶏肉を檸檬で味付けしたクレープを注文。
これが、美味しかった〜〜。

なかなかの路地裏にひっそりある感じだけど、また行きたい場所。
猫も犬もうろうろしているけれど、それすら、チェコ風情。





-------------------------------------------------------------
IRRESISTIBLE CAFE (カフェ誘惑)
住所:北京市東城区帽児胡同14号
 電話:158-1027-1734(英語、ロシア語、チェコ語)
139-1001-6827(フランス語、スペイン語、英語)
-------------------------------------------------------------

 

名称未設定.jpg スライド1.jpg

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

profile


チャイナPhotoのInstagramです^^
VPN繋いでないと写真一覧表示されないかも?
↑↑ Please follow me !
作者:Mayuko
----------------------------------
2011年冬より半年ほど上海在住。
2012年7月より北京での暮らしがスタート
時に料理教室、時に中華料理モダンレストランオープン、時にビーズアクセサリー展覧会、時に日本語講師、時にフォトエッセイスト、時にドローカル、時に旅、時に駐妻^^

最新の記事

モバイルはこちら

qrcode

カテゴリー

アーカイブ

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM