日壇公園近くのレトロ茶藝館〜和平茶苑

日壇公園の近くの「和平茶苑」へ。
古風な風格のある空間。
j1.jpg

土曜日のお昼頃だったけど、がらーん。
ここはあくまで「茶藝館」なので、もっと遅い時間になるともう少しお客さんが増えるのかな?

j6.jpg

とりあえず、食事に来たので、がっつり「茶藝」を楽しむ時間もなかったので、1杯ずつお茶を注文。烏龍茶とか鉄観音を注文すると目の前で茶藝師さんが茶藝を披露してくれるはず。
j2.jpg
注文したのは、「菊花茶」と「小苦茶」。
菊花茶は飲み慣れた味。でもやはりきちんと茶館で淹れてもらうと美味しい。
「小苦茶」を少し味見させてもらうと、飲んだ瞬間は甘いのに、すぐにドバっと苦味がくる。不思議なお茶。体に良さそう。

そして、食事。
ここのジャージャー麺を食べに来たのだけど、とりあえずジャージャー麺だけじゃつまらないので、チャーハンと白菜の煮物を。
j8.jpg
味はまあまあ。

そして、ジャージャー麺。
j3.jpg
↑色合いが綺麗。なんか体に良さそう。
ニンニクもそうだけど、中国は何でも「香菜(パクチー)」を入れる。
パクチーが嫌いな人は多いけど、わたしは「パクチー万歳!」なので、何でもかんでもパクチーを入れては喜びます。
味はまあまあ。

この茶館。
トイレなんかは地下にあるんだけど、アイさん(そうじのおばさん)がトイレのドアを開けてくれて、手を洗うと手ふきを差し出してくれる。VIP気分を味わえる。
そして地下にはかなりの数の骨董品が置いてある。
室内の丸い窓も素敵。
j4.jpg

だが、まあこういう茶館だったので、
ジャージャー麺、白菜、チャーハン、お茶二杯で、なんと6,000円くらい。
高すぎでしょ。

しかも、「444元」と言われ、夫は新手の「反日」かな、と笑っていた。
「3个四」3つの4。日本と同様に、「4」と「死」は中国語でも同じ発音。
ま、その実際のところは分からないけど、どうせならキリよく「445元」とかで出せばいいのにね。

お店の外は、エアコンの室外機まで真っ赤。
j5.jpg
塗ってます。塗ってます。
赤いです。

そんな昼下がり。

--------------------------------
和平茶苑
北京市朝阳区光华路丁17号
8562-2680
--------------------------------


A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg









   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg