Temple of heaven〜天壇〜何度行っても好きな場所

ここは北京の世界遺産「天壇」。 
先日、両親が北京に遊びに来てくれたので、一緒に行って来た。 
なんだかとても素敵な気分。 
外国で暮らしていて、そこへ誰かが訪れてくれるのはとても嬉しい。それが両親ともなるとなおさら。そして、連日天気もよかった。秋の北京。


広い天壇の中でも、わたしがこよなく好きなこの空間。 
それはここ。

te5.jpg

藍色の瑠璃瓦が美しい。 
「天を祀るってある」天壇の中でも、この写真を撮るために立っているこの場所は、皇帝が直接、天と交信したと言われる場所。
広い空に、丸く並べられた石。
ほんとに何か交信できそうな気分になる。
この風景が、わたしのとても好きな風景。

---------

天壇公園は広い。
te1.jpg


そしてその広い公園の中で、市民たちは様々に憩う。
市民はタダで入れるのだろうと思う。


トランプ組は多数。
te2.jpg



作って売る組も多数。
te8.jpg



とりあえず健康を意識する組も多数。
te9.jpg



そんなこんなで、2度目の天壇公園訪問はなかなかのどかに過ぎてゆく。
これが一応一番有名な「天壇」風景。
te3.jpg

「天壇」はほぼ全てが「円形」。
これは、古代中国の「天圓地方」(天は丸く、地は四角い)の宇宙観を表したもの。

te4.jpg

中国人は昔から、「天」は至上のものであり、万物を支配するという最高権威と考えており、その「天」に背くと「天罰」が下される。と信じていた。
こういう考え方は、日本でも、他の国でも同様の思想があるのだと思う。
そこで、「天」に祈るわけで。
そして、その「祈るため」の場所が、ここ天壇。

色々な歴史をどれだけの人が分かってここを訪れているのか分からないけれど、ここはとても神聖な空間。
なんだか好き。
そして、ここは屋根の色が全て藍色。
この何ともいえない美しい色が好きで、何度でも来れそうな気分になる。
この色が神秘的な色だと思うのは、どの国でも同じなのかもしれないな。

そして、帰り道。
木がたくさん生えている場所。
te6.jpg

クリスマスシーズンにこれにたくさんのイルミネーションを飾ったら綺麗だろうね、とみんなで公園を後にした。
中国にいながら、なんだかヨーロッパ調の木々。

もうすぐ冬が近い。
冬が本格的にやってくる前に、また別の季節がふっと舞いおりてきたりすると素敵なのに。
どの季節も、それぞれ好き。
そして、同じようなこと考えて、同じような人と居て、でもどれもちょっとずつ違ってていい。そうやって、確実に季節が流れ、わたしもあなたも歳をとる。




A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg









   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

profile


チャイナPhotoのInstagramです^^
VPN繋いでないと写真一覧表示されないかも?
↑↑ Please follow me !
作者:Mayuko
----------------------------------
2011年冬より半年ほど上海在住。
2012年7月より北京での暮らしがスタート
時に料理教室、時に中華料理モダンレストランオープン、時にビーズアクセサリー展覧会、時に日本語講師、時にフォトエッセイスト、時にドローカル、時に旅、時に駐妻^^

最新の記事

モバイルはこちら

qrcode

カテゴリー

アーカイブ

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM