はがき天国びんせん地獄 in 北京。

最近、メールやSNSばかりですっかり「手紙」というものを書かなくなったなぁ、と思う。
しかも、最近は「LINE」が便利に使えるようになったため、メールを送るにしても長文はあまり書かなくなった。
それはそれで便利だしいいのだけど、ここしばらく、「手紙」を誰かに送りたいという欲求がMAXに。昔はほんとによく手紙を書いたものだけど、最近はめっきり書かなくなっているので便箋や封筒の類のほとんどは日本に置いてきてしまっているので、北京で便箋を買う。

買う。

買う。

が、

売っていない。

文房具屋さんはたくさんあるし、書店も雑貨店もたくさん。
色々見て回ったけど、なぜか「便箋」に巡り会わない。

たとえば、北京では、「ノート」はかなりの種類が売られ、ノート専門店もあるくらい。
道端でもこんな感じで売られている。

が、「便箋」はない。

そして、「はがき」。
はがきは本当にたくさん売っている。
こちらも、はがき専門店があるくらい。

ハガキ専門店ではがきを買い、その場で郵送まで出来たりする。
旅先のような心地で、とても素敵な文化。
しかも、なかなかお洒落でかわいいものが置いてある。

でも、あくまで「ハガキ」。
「便箋」はない。

中国語の先生に聞いたら、「う〜ん、見ないわねぇ。最近、手紙をあんまり書かなくなったからねぇ」などと言う。
いや、ハガキもいいけど、便箋はもっといいのに。

そして、諦めかけた頃。
近所のとあるスーパー。

普通のスーパーなんだけど、ここの文具コーナーで、「エアメール用の青と赤の封筒」が売られているのを発見する。


    

ウキウキ!






かなり探しまわっていたので、興奮。

が、便箋はなかった。
でも、もう探せないので、(というより、日系デパートにいけばあるとは思うけど、わざわざそこまで足を運ぶのもなんか違う気がするので)、とりあえずあるものを買った。

j7.jpg
あら、かわいい。
が、残念。
左半分は、日本から持って来てたもの。
で、このスーパーで買ったのは、エアメール用の青と赤の封筒と、便箋とは言えないようなA4の罫線入りノートパッド。と、ただの色付きのプリンター用紙。

さて、どう加工して便箋にするかな。

便箋急募!



A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg









   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

profile


チャイナPhotoのInstagramです^^
VPN繋いでないと写真一覧表示されないかも?
↑↑ Please follow me !
作者:Mayuko
----------------------------------
2011年冬より半年ほど上海在住。
2012年7月より北京での暮らしがスタート
時に料理教室、時に中華料理モダンレストランオープン、時にビーズアクセサリー展覧会、時に日本語講師、時にフォトエッセイスト、時にドローカル、時に旅、時に駐妻^^

最新の記事

モバイルはこちら

qrcode

カテゴリー

アーカイブ

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM