北京大使館通りの銀杏の夜

 i1.jpg

北京の大使館通りといえば、やはり三里屯なのかもしれないけれど、
この写真のここは、日壇公園のそば。
自宅から近いから、このあたりは散歩コース。
銀杏が美しいだろうと向かってみたら、
散り掛けていて、というか散っていて、
散っている姿が美しくて、冬なのに秋を感じた。
季節的なものは感じておいて損はない。

i2.jpg

これはインド大使館横のとおり。
こういう中国らしい風景がわたしは好き。
冬だから寒いから歩いてあったまっている、
というのが、我が夫の言い分。
なるほど、ほんとにそうかもしれない。
ほんとに寒いからね、北京。

i3.jpg

これは↑英国大使館横。
この入り口に見張りが立っていたので、
一応、「撮っていい?」と聞いて撮りました。
まるで違う国にいるみたいだね。

そしてこの大使館周辺には、ロシア人街があるんだね。
知らなかった。
ビルまるごとロシア、みたいなのもあって、
この辺りには「漢字」があまりないし、
毛皮がたくさん売ってたりして、まるで異国。

北京にいながらにして、一番異国を感じた瞬間。
決して、三里屯が異国情緒はないし。
絶対、日壇公園近くのロシア人街が異国情緒がある!
ということで、近々みんなでロシア料理を食べに行くことにした。

でも、この日は、
行きつけ(?)になりつつあるこの羊肉しゃぶしゃぶのお店。
南門涮肉。へ。

i4.jpg

あったまったけど、
これはかなりあったまるけど、
お店を出て、北京の刺すような夜風を浴びた瞬間、
体が一気に冷える!

なので、帰路にスタバに入って、甘いもの飲んで帰りました。



A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg

今晩は
ブログを拝見させてもらっていると、私が北京で過ごした5年間が懐かしく蘇ってきます・・・色んな思い出がいっぱい詰まった北京でした、それだけに忘れようと強がりで北京にはもう二度と戻りたくないと人に言っていたのですが・・・もうダメです正直に言いますやっぱり北京が恋しいです・・・だけどあの時には戻れないのが残念です。


>ごーさんさん
ごーさんさんのように何年もまだいるわけじゃないのですが、わたしは北京の、何もない北京の、この感じがとても好きで、いとおしいくらいです。おおげさな言い方しかできないのですが。
一度戻ってきてください。
あの頃には戻れなくても、あの頃の何かは残っていますよ、絶対。
  • 麻友子
  • 2012/11/20 12:35 AM








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg