【貴州省・少数民族を訪ねる旅】天龍鎮の老漢人と地劇

労働節の休暇で、貴州省へ旅行をしてきた。
貴州省は中国の南西中国の西南地区に位置し、 北京から飛行機で三時間半(北海道から沖縄くらいの距離)。
ここは、少数民族が多く暮らす地域。 中国は人口の94%を占める漢民族と、55もの少数民族から成り立っている多民族国家。そのなかでもここ貴州省は「少数民族のふるさと」とも呼ばれ、中国の他の省と比較し少数民族の居住率が非常に高い省。 
そんな貴州省へ、少数民族を訪ねる旅へ出掛けました。

t1.jpg

貴州省の中心地「贵阳」から西へ80km。
ここに「天龙镇」と呼ばれる集落が。

入り口。
ここでは「老漢人」と呼ばれる屯堡人が生活している。
六百年の間、屯堡人が堅固に明の時代の風習を守っており、
言語(アクセント)、習俗、服飾、信仰、建築などあらゆる面で現地の少数民族や漢民族とは異なった文化を持っている。


集落に入ると、おばさんたちがお茶を淹れてくれた。
t4.jpg

これがここの衣装。
正確にはこの人たちは少数民族ではなく、中国で94%をしめる「漢民族」に含まれています。
ただ、漢民族の中でも極めて特殊な風習を持っているといえます。

白いものを頭に巻いているのは、
結婚した女性は額の上の髪を剃るという習わしのため。


街のお寺。
t5.jpg
このおばさんは白ではなく黒いものを頭に巻いています。
黒色を巻いているのは
最近旦那さんなどを亡くした人の特徴。


t2.jpg

街の商店。
売っているものは、中国のどこででも買えそうなもの。


t3.jpg

路地。


c7.jpg

民家。


c6.jpg

いたるところでカラフルな布靴を売ってる。



そして、この集落では「中国戯劇の化石」と呼ばれる「地劇」が古代から受け継がれている。
街のいたるところで、劇でつかう仮面が。

c1.jpg

舞台でなく地面で演じることから「地劇」と呼ばれ、
元は悪鬼を払い疫病を除く儀式としてはじまったとのこと。


舞台。
c2.jpg



三国志などをテーマに、踊ります。
c3.jpg


そして、仮面は、顔の位置より少し上の方につける。
地面の上で踊る「地劇」。
観客が役者より上から見下ろすことがあるため、顔がよく見えるように仮面を顔の上面につけるのだそう。

c4.jpg

ちなみにチャン・イーモウ監督の映画『単騎、千里を走る』で、高倉健さんが訪れた場所で踊られていたのがこの「地劇」。
少し前にたまたまこの映画を観ていたため、なんだか親しみを覚えながら観劇。


演じているのは普通のおじさん。
c5.jpg


2泊3日の貴州省の旅。
まだまだ続きます。




A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg

こんばんわ、おばばです。

いいなあ、私も行ってみたいです。
日本にも、色んな厄払いの風習がありますよね、医学や科学の発達していない時代の、人間の願いのような祈りみたいなものだと、おばばは思ってますが、一度だけでも観てみたいです。
  • えるだーおばば
  • 2013/05/06 12:13 AM








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg