漢詩-蕭蕭として

 中国語の発音を助けるものとして、
そしてそれ以上に、昔、漢文が妙に好きだったことを思い出して、
CD朗読付きの漢詩の本を買いました。




CDで音を聴いていると、韻を踏みまくった中国語はまるで音楽のよう。

漢詩の世界観というのは、まさに水墨画が似合う世界だとずっと思ってきたけれど、
実はそんなことはなくて、色が鮮やか。



でも、読みながら吹き出してしまったのは、これ↓

日本語訳にすると、


結局酒かよ


という歌。笑ってしまった!(笑)

陶淵明の「責子」。




名称未設定.jpg スライド1.jpg









   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

profile


チャイナPhotoのInstagramです^^
VPN繋いでないと写真一覧表示されないかも?
↑↑ Please follow me !
作者:Mayuko
----------------------------------
2011年冬より半年ほど上海在住。
2012年7月より北京での暮らしがスタート
時に料理教室、時に中華料理モダンレストランオープン、時にビーズアクセサリー展覧会、時に日本語講師、時にフォトエッセイスト、時にドローカル、時に旅、時に駐妻^^

最新の記事

モバイルはこちら

qrcode

カテゴリー

アーカイブ

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM