北京でビャンビャン麺。

北京在住の方のブログを読んで、
ああ、北京でもビャンビャン麺が食べれるんだなと思って、行って来ました。

工体東門内にある「黄河水」。
西安旅行したときに食べ損ねた「ビャンビャン麺」。
やっとここで食べました。

b1.jpg

が、とにかく暑かったこの日の北京。
水分補給がてらのビールは命取り。
その後、脱水気味になりながら帰宅しましたとさ。

それはおいておいて、
「ビャンビャン麺」の「ビャン」という字。
57画もある複雑文字。
(↑上の写真右下参照)


西安での写真がこれ。↓
ここにも、この複雑文字が。

b3.jpg



書けませんな。きっと。
地元民も書けないから、この漢字を書くための歌があるようだけど。

北京のこのお店でも、
壁にこの文字の紹介がされてました。

b2.jpg


ちなみに麺は3cmくらいの幅のある極太麺。
麺というより、肉厚な一種の別の食べ物。
注文してから麺を打つのか(ちなみに麺をうつときにビャーンと音を出すことがこの麺の名前の由来とか)、こういうローカル中華料理屋では珍しく結構待たされ、やっと出されました。

2回くらい店員さんに聞いちゃったよ。
「え、まだ?作ってる?」って。


ともあれピリ辛のこの麺。
食欲のないときにぴったり!
凉皮みたいな感じ。


ともあれ、脱水症状には気をつけてください。



A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg









   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

profile


チャイナPhotoのInstagramです^^
VPN繋いでないと写真一覧表示されないかも?
↑↑ Please follow me !
作者:Mayuko
----------------------------------
2011年冬より半年ほど上海在住。
2012年7月より北京での暮らしがスタート
時に料理教室、時に中華料理モダンレストランオープン、時にビーズアクセサリー展覧会、時に日本語講師、時にフォトエッセイスト、時にドローカル、時に旅、時に駐妻^^

最新の記事

モバイルはこちら

qrcode

カテゴリー

アーカイブ

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM