【内モンゴル自治区】大草原での乗馬と、祈りの丘。

 u1.jpg

わたしたち総勢9名の旅行。
そして総勢9頭の馬で大草原を走り回りました。
日本じゃ考えられないよね、初心者がヘルメットも防具もなしに、結構なスピードで馬に乗るって。
でもかなり気持ちいい!
でもかなり全身痛い!!

これはやみつきになるけれど、
きっと北京とかの乗馬センターとかで乗るのとは違うんだよな〜。この大草原っていうのがいい!また乗馬しに来るか!


そして、途中民家的なところで手作りの乳製品のお菓子なんかを頂いたり。
u2.jpg



モンゴル族のお兄さんと子供。
キャッキャ言いながらじゃれあってて、見ててなんとも幸せな気分に。
uu2.jpg


大草原のトイレ。
大草原はいわば「どこでもトイレ」だそう。
u3.jpg



乗馬に自信のない人は馬車で草原を巡ることもできる様子。
中国人観光客がなんだかガヤガヤと馬車に乗っていましたよ。
u4.jpg



そして、「敖包(アオバオ)」。
モンゴル語で「堆積」という意味の石の山。
o1.jpg

ここに神を祀り祈るとともに、
この何の壁も仕切りもない大草原での男女の恋愛の場所。
なんともロマンチックでございます。
中国の代表的な民歌「敖包相会(逢い引き)」の場所でございます。
それにしても、このカラフルな旗と、青い空が美しい!



そして、馬を先導してくれてたモンゴル族のお二人。
学校で中国語は習うけれど、普通话(中国の標準語)は苦手だよ!とカタコトの中国語で教えてくれました。
何ともいい人たちだった。

o2.jpg


「君の中国語の方が上手だよ!」とおだてられ上機嫌にこのあとまだまだ乗馬をしました。
ただ、本当に全身が痛い!

それにしても、草原は広い。
どこを見渡しても地平線。
水平線も好きだけど、やっぱ地平線でしょ!


A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg









   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg