【中国東北バックパック一人旅】ハルビンのメインストリートにて。

それにしてもハルビンの人が喋る中国語は美しい。
CCTVのアナウンサーにハルビン出身の人が多いのも納得。
ハルビンは中国語の標準語を一番美しく喋る場所と聞いてはいたけれど、
ほんとそう思った。
北京では聞かない、美しい中国語。

そんなハルビンのメインストリート「中央大街」を散策。


he1.jpg


ここはどこを切り取っても、欧風。
ロシア風と言うべきか。
上海の外灘の雰囲気ともまた違った独特の個性を持つ建物群。


ここはハルビンで一番有名らしいロシア料理レストラン。
お昼ご飯をここで食べようとしたけれど、散策時間が早すぎて空いてなかった。
古き良き洋食屋さんみたいな風情で、好き。

he2.jpg



そしてユニクロもあります。

he3.jpg



2人並んで立っているのがかわいい。
さすがハルビン。背の高い若い2人でした。
が、ハルビン人の友人いわく、ハルビン男子の特徴は背が高いのもそうだけれど、横も太いのが特徴だとか。でもデブの人はみかけなかったなぁ。

he4.jpg



なんかここの景色が好きで、
何だか分からないけれど好きで、
夜も昼も通っちゃった。

he5.jpg


そしてロシア土産のようなものを売るお店もたくさん。
が、結局何も買わずじまい。
マトリョーシカはちょっと欲しかったけれど。

he6.jpg


そして、街の交通。
タクシーはつかまりやすかったし、運転手が温和だった(北京とは違う)。
路線バスにはハルビンでは乗らずじまい。
路線バスフェチとしては、ちょっと遺憾。

he7.jpg


この中央通りでは、自分用に冬用のブーツを購入。
さっそく履いて来た靴をお店のお姉さんに頼んで北京に送ってもらい、即はきかえた。
200元ちょっとだったけれど、値切らず。
100元以下にはなっただろうけど、ハルビンではハルビン人の友人に色々とお金を出してもらって自分の財布をほぼあけずじまいだったので、200元、ねぎらず、ハルビンに落としてきた。

旅はまだはじまったばかり。


A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg

東北シリーズ続きも楽しみにしてます♪
春に遼寧省の鞍山というところへ行きました。
ごくごく普通の街なんですが中国人の素の生活が垣間見れて楽しかったです。








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg