太陽とともに【中国東北バックパック一人旅】

いままで見た中で一番暗い夜。
太陽が沈むとご飯を食べ、眠り、
そして太陽がのぼると同時に、自然と目覚める。

太陽とともに暮らしていた気がする。

IMG_0233.jpg


なにもないかもしれない、
トイレも畑の中だし、
水道はない、ときに電気も止まる、
联通(中国の携帯通信会社)の電波は圏外、
そんな場所だったけれど、
太陽とともに暮らし、
そして、自分の中の中国がここにあるのではないかという気がした。


IMG_0214.jpg


観光で行く旅行とはまた違う、
ほんとうにいろんなものを知ることができた今回の滞在。

少なくとも、
太陽は毎日のぼっては沈み、
そして人も眠っては起き、
そうやってどんどんどこかへ向かっているのだと思った。

ひとも、
せかいも、
じぶんも。


A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg









   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

profile


チャイナPhotoのInstagramです^^
VPN繋いでないと写真一覧表示されないかも?
↑↑ Please follow me !
作者:Mayuko
----------------------------------
2011年冬より半年ほど上海在住。
2012年7月より北京での暮らしがスタート
時に料理教室、時に中華料理モダンレストランオープン、時にビーズアクセサリー展覧会、時に日本語講師、時にフォトエッセイスト、時にドローカル、時に旅、時に駐妻^^

最新の記事

モバイルはこちら

qrcode

カテゴリー

アーカイブ

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM