北朝鮮との国境の街へ【中国東北バックパック一人旅】

北京でアタラシイことをはじめるにあたり、なにかと忙しくなってしまった最近。
なかなかブログすら更新できぬ感じになっているが、
これは、北朝鮮との国境の街へ行ったときの記録。


tt4.jpg


目的地は「图们」。
朝鮮族が多く住む町。
吉林駅から電車に乗るのだけれど、ここへ行くには鈍行(慢车)しかない。
吉林駅から9時間程度の電車の旅。

tt2.jpg


向かいに座っていたのは朝鮮族の一家。
韓国語と中国語を交えて喋っている。

tt1.jpg


9時間も電車に揺られるため、事前にいろんな食べ物を買い込んでから乗る。
子供連れは大変だろうな。

車窓は、ひたすら田園風景。
とはいえ、季節は秋。
聞くところによると、夏は、車窓から見える風景が「真緑」でとても美しいらしい。

tt3.jpg


そして、いよいよ北朝鮮との国境「图们」に到着。
こんなところへ行く日本人って、たぶんきっと少し変わってる。

街は、全てハングル併記。

tt5.jpg


川をはさんで向こうは北朝鮮という場所の公園で卓球をするひとたち。

tt6.jpg

この写真の黄色のおじさんと卓球を一戦まじえました。
卓球王国中国のおじさんをして「なかなかの腕前」と言われ、ご満悦のわたくし。


そして、この川の向こうは北朝鮮。
tt7.jpg


ほんとにささいな川だこと。
以前韓国に旅行したときに行った、北朝鮮との国境では、兵隊が銃をかまえて立っていたが、ここにはそういう風景はない。
のどかな農村。
川をはさんで向こう側で、工事作業をしている人たちが見えるのだが、
このひとたちは北朝鮮人。

一応、大声で喋るなとかそういう注意は掲げてある。
tt8.jpg


そして、北朝鮮の紙幣などが高値で売られている。

tt9.jpg



それにしても、さすが辺境。
中国人が観光地としてよく訪れると聞いてはいたけれど、かなり場末な感じの街。
しかも、あまり大きな宿泊施設とかがない。

tt10.jpg


それにしても、
この橋の半分から向こうは北朝鮮。
そして、コチラ側は中国。

tt11.jpg


ここは、まさに辺境。
そして、こんなところまでやってきた日本人がわたし。
まさに旅なのである。



A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg









   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg