延吉〜北朝鮮にほど近い街へ【中国東北バックパック一人旅】

北朝鮮との国境の街 图们で2泊する予定だったけれど、图们は本当になんだか場末な街で、北朝鮮との国境の場所を見ると、あとは何もすることがなくなってしまう。
なので、急遽予定を変更し、2泊目は延吉へ移動。

图们から延吉は鈍行で1時間。

y1.jpg

延吉の駅を出るとこのネオンにほっとする。
だって、图们は場末だったから。


y2.jpg

ちなみに5元(100円もしない)。
1時間の道のり。


y3.jpg

日本人の女の子なんてかなり珍しいのだろう。
みんなこっちを見てきています。


y5.jpg

延吉の街。
ここも朝鲜族が多いので、何もかもハングル併記。
いったいどこの国にいるのか分からなくなる。


y6.jpg

夜は狗肉(犬肉料理)を諦め、
普通に韓国焼肉。
が、ここはおいしかった。
道行く朝鮮族の若いカップルに教えてもらったお店。


y7.jpg

そして、おやつなんて買っても、こんなことになる。
どれも韓国のお菓子。


ここは辺境の場所。
誰からも、どこからも遠く離れ、
北京を、日本を遠くにかすかに思いながら、
わたしはわたしと旅をしていた。







A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg









   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg