どこかの街角で。


いつかのウイグルの街角。
いつもどこかの街角を歩いている。
なにもかも違うんだけど、
いつも自分をたずさえて歩いている。
そこが、ウイグルでも北京でも、どこでもなくても。
いつもどこかの街角を歩いている。







名称未設定.jpg スライド1.jpg

どこかしら窮屈な日本を脱出したら、
北京の街角でもチベットの街角でも
どこの街角にいても
おんなじ様に窮屈でなくなるのは、
本当の自分をたずさえていられるからかな。
  • モラン
  • 2015/10/15 10:38 PM
>モランさん
どこにいても日本でも陸の最果てでも、
窮屈な人はどこにいても窮屈ですし、
窮屈じゃない人はどこにいても窮屈ではないと、
わたしは思いますよ。
  • 麻友子
  • 2015/10/17 3:41 PM
麻友子さん
それじゃ私は、ちっとも窮屈なんかじゃないのかも知れませんね。
  • モラン
  • 2015/10/20 12:39 AM








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg