花に囲まれ〜北平珈琲

さあ、このカフェも7年くらい前はしょっちゅう行っていた場所。

南锣鼓巷にあります。

南锣鼓巷なんて、もうこんなに長く北京にいるとわざわざ行くことなんてないけれども、

先日、久々の青空で、ここはいっちょ懐かしさを思い出しに行くか!

と、向かいましたよ。

 

帽儿胡同の手前にあるこのカフェ。

 

昔も今も、上は青年旅館(ユースホステル)になっています。

そして1階が花屋さん!と思わせるくらい花や緑の多いカフェ。
北平珈琲。
北平、とは、「北京」の古い呼び方でもしられてますよね。

 

 

 

今回はエスプレッソを。
苦かったなぁ。当たり前か。
でも思うのは、この7年で、北京のカフェレベルはかなり上がったよね。

 

 

 

そして、久々の南锣鼓巷も相変わらず観光地感満々だけど、

たまにはいいもんですね。

昔、南锣鼓巷の当時はとても小洒落たカフェバーで、

当時全くお金のなかった中国人の男の子に、700元でワインやビールをおごられたことを思い出した。

古き良き(というほど時間も経ってないけれど、中国でのこの7年って、日本での十数年間くらいのペースだよね)思い出です。

 

当時は中国のことも中国語ももちろんながら、知らなすぎた。
そして、今は、少し知りすぎてしまったかな。
その中間くらいで楽しむのがいいでしょうね、チャイナは。
私は色々とがむしゃらにチャイナを走りすぎて、知りすぎてしまったよ。笑
そんなことを色々思い出しながら、
懐かしいこの場所を歩いていました。

 

全てが自分の中に。

これまでも、これからも。


名称未設定.jpg スライド1.jpg









   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

profile


チャイナPhotoのInstagramです^^
VPN繋いでないと写真一覧表示されないかも?
↑↑ Please follow me !
作者:Mayuko
----------------------------------
2011年冬より半年ほど上海在住。
2012年7月より北京での暮らしがスタート
時に料理教室、時に中華料理モダンレストランオープン、時にビーズアクセサリー展覧会、時に日本語講師、時にフォトエッセイスト、時にドローカル、時に旅、時に駐妻^^

最新の記事

モバイルはこちら

qrcode

カテゴリー

アーカイブ

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM