プーアル茶専門の茶館にて/大可堂



上海にて、プーアル茶 専門の茶館へ。
クラシカルな洋館で、中国茶を頂くというこの感じが素敵ーー!!


1302すDSC_0867.JPG

1302すDSC_0871-tiltshift.jpg

プラタナスの並木通りを歩いて行くと、入り口が見えます。
(わたしたちは、少し迷ってしまいましたが)

1302すDSC_0872.JPG

「大可堂」というのが、お店の名前です。
「プーアル会所」とあります。
一瞬、何のお店か分かりませんよね?

こんな洋館が現れます。
とても年季の入った建物です。

そして、茶館初心者でお恥ずかしいのですが、
茶館に入ると、お茶を頼む前にまず「部屋をセレクト」します。
今回は、特にセレクトしなかったですが、
ここにも、たくさんの部屋がありました。
(大小さまざま、内装もさまざま)

一例。
こんな感じでいろんな部屋があります。
中国の人たちは、たとえばデートで部屋を借りたりするようで。
また、用途に応じて、ネット部屋とかもあるとか。
この茶館も「本の部屋」はありました。
本棚がたくさんある部屋です。素敵。

1302すDSC_0875.JPG

こんな大部屋もあります。

1302すDSC_0897.JPG

そして、お茶をいれてくれるお姉さんたち。

1302すDSC_0913.JPG

お茶を頼むと、お茶うけがたくさん出てきます。
フルーツも美味しい!
そして、お茶も、
なくなればどんどん足してくれます。


ここは、
レトロ上海そのものの雰囲気。
ワインやウイスキーのように、中国茶にも、「何年物」というのがあるようです。
生き物のように、味が変わっていくのだそうです。




--Shop--
大可堂茶園
襄陽南路388弄25号



名称未設定.jpg スライド1.jpg

昨日友人と、偶然にも「余裕」について話していました。
多くの人と共存してゆくためには「想像力」が不可欠で、
それを得るには「向上心(≒向学心)」が必要で、
それが芽生えるには様々な条件や環境が関係してくる。
そんなことを考えると、かなり困難があるのかもと思いますが…
とにかくは日々の営みの中で、
身近な人とのやりとりを大切にするとか、物を手入れして長く使う努力をするとか、
そういうことで理解されることがあるかも知れない。
そんなことを新年早々考えておりました。
最大限のパフォーマンスをしたいなら、まずは現在の私に付与された条件と環境を冷静に受け止める。
そこからはじまるのかなと思います。

新しい年、未知なるものとの遭遇、楽しみですね!

  • ツマ
  • 2012/01/03 8:13 AM
>ツマさま
わたしたちは、よく同じタイミングで同じようなことをかんがえるよね!(笑)
生活のバイオリズムが似てるのでしょうね。
よかったら、一度、中国、遊びにきてください!
  • 麻友子
  • 2012/01/04 11:12 PM
>ツマさま
わたしたちは、よく同じタイミングで同じようなことをかんがえるよね!(笑)
生活のバイオリズムが似てるのでしょうね。
よかったら、一度、中国、遊びにきてください!
  • 麻友子
  • 2012/01/04 11:47 PM








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg