懐かしい見慣れた光景

 

数年前、北京の呼家楼で日本人向けの中華料理教室とかもする小さな店をしていたことがある。

当時は若かったのだろう、よくもあんた体力があったな、と思う。

そしてあの時のいろいろなことを通し、中国をとてもよく知ったし、人間のこともよく知った。

そしてあの時の経験のおかげで、中国において何でも一人でできるようになり、

中国語も問題なくなり、そして知らなくてよかったようなディープチャイナも知った。

写真はその時の長テーブル。

また何かやりたいって思うんだけど、今は本当に体力に自信がない。

単純にあれから三、四歳も歳をとったわけだし。

でも、これが北京であっても、日本であっても、そのほかのどの土地であっても、

自分のスタンスはきっと変わらない。

そして、土地や環境やいろいろなことを理由に何かをしないでいる人は、その理由がクリアにされた時もやらない。

つまり私も何か今理由にしていることがあるんだったら、それをちゃんと考えて、また何かやっていきたい。

人間の人生は、過去に学び、そしてそれ以上に未来を夢見ることで過去も濃厚になる。

自分で自分に与える痛みや経験や挑戦は、誰に与えられた脆いものより確実に自分の骨の素になる。

そうやってまた生きていく。

今日は誕生日。

 

 

 

 


名称未設定.jpg スライド1.jpg









   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
◇アクセサリーブランド運営 「coloridoM」
◇Instagram→こちら ◇中国語で日本語を教えてたりもしています
-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡はこちらより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg