中国を舞台にした映画


写真は女優 片桐はいりさんの書籍ですが、このタイトルが何とも素敵。

もぎりよ 今夜も
ありがとう

そうです。
映画の本でございます。

ということで、中国(主に北京)を舞台にした映画DVDを積極的に観ています。
どれも良いので、一度わたしが観て、そして結局夫と一緒に二回観るという流れ。
それくらい、どれも壮大な内容です。
これまで邦画好きで、たまにヨーロッパ系映画、という感じで、韓流や中国映画などは「まったく」興味がなかったのですが、観てみるものです。
ただ、韓流のようなああいうチャラい感じはあまりないのが中国映画。どれも「政治」「政権」「支配」というものがつきまといますから。



名称未設定.jpg スライド1.jpg









   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
◇アクセサリーブランド運営 「coloridoM」
◇Instagram→こちら ◇中国語で日本語を教えてたりもしています
-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡はこちらより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg