街角で踊る人々 

夜、道を歩いていると公園からラジカセから流れる 古いラジオ的音楽が。
夫くんとともに近づくと、、、、


踊る人々が。



中国ではよくある光景なのでしょう。
でも、東京では、日曜日の原宿のロックンロールの人たちしかいない?(笑)
どうやら、サークルのような感じなのでしょうか。
先生らしき人がいたし、
いろんな曲調の音楽を流していました。


でもねーーーーーー。
この光景、かなり、いい!!!


もともと音楽に合わせて踊る(というより変な動きをする)ことが好きなので、
え、サークルに入会してみる?


中国のことは、日本にいるとえげつないNewsしか入ってこないけど、
この光景を見て、わたしは思った。


こころが平和。
ここの人たちは。







名称未設定.jpg スライド1.jpg

先日、デパートの一画でダンスパフォーマンスを見てきました。知人が踊るというので。
場所もさることながら、日本人は祝祭下手になってきてますよね、確実に。
踊る阿呆にもなりきれなけりゃ、観る阿呆にすらなれるわけもなく…
さ〜っと、距離とっちゃうんですよね、「私は阿呆じゃないのよ、さ、踊ってごらんなさい」って顔して。
「小さな祝祭」は日常に絶対必要です。
おなか抱えて笑ったり、本気でケンカしたり、街角で踊ったり。
それって自分のからだを揺さぶらないと得られない浄化作用ですよね!
大人ではいたいけど、大人な顔した(阿呆にもなりきれない)中途半端な人間にはなりたくないなぁ…
  • ツマ
  • 2012/01/15 8:29 AM
>ツマさん
「小さな祝祭」って素敵な単語ですね!
もし今、農業&カラーユニットを作るのなら、「小さな祝祭」っていうユニット名がいいね!笑
  • 麻友子
  • 2012/01/15 2:36 PM
>麻友子さん
いいですね笑!
日本に戻ったら、ぜひ実行しましょう、「小さな祝祭」。
今年は去年より、きちんと畑仕事に精進します。
いつか祝祭に人を巻き込めるよう、こつこつしっかりと、
まずは日々を営んでゆこうと思います。
少し先の将来、お互いの地力と感性が融合して何が出来るか楽しみですね〜
  • ツマ
  • 2012/01/16 8:04 AM
>ツマさん
楽しみ!!(笑)
「小さな祝祭」って、ネーミングセンスがよすぎる!
わたしも、日々を丁寧に生きることにします。
最近、いろんな喪失があるから、少し虚無感におそわれて時間を粗末にしているかもーー。投げやりなここ数日。
でもきちんと生きなきゃいけないな。と思います。
  • 麻友子
  • 2012/01/16 10:34 AM








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

profile


チャイナPhotoのInstagramです^^
VPN繋いでないと写真一覧表示されないかも?
↑↑ Please follow me !
作者:Mayuko
----------------------------------
2011年冬より半年ほど上海在住。
2012年7月より北京での暮らしがスタート
時に料理教室、時に中華料理モダンレストランオープン、時にビーズアクセサリー展覧会、時に日本語講師、時にフォトエッセイスト、時にドローカル、時に旅、時に駐妻^^

最新の記事

モバイルはこちら

qrcode

カテゴリー

アーカイブ

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM