バス好きにはきつい季節

 IMG_0842-tiltshift.jpg

路線バス好きのわたし。
北京でも何かと路線バスを乗り回しておりますが、
やってきましたね、空調なしの暑い北京のバスの季節が。

汗だくになって、
汗臭い感じで、窓から入って来る生ぬるい風を感じながら、
バスに揺られます。

テレビも、Wi-Fiも搭載されているバスでも、クーラーはなかったりする。
まあ、もう慣れましたが、
バス好きにはなかなかきつい季節ですね。

暑いといえば、2年前に旦那さんと長旅をした新疆を思い出す。
ご飯がとてもおいしく、全てがエキゾティックで、
また行きたいな、しかも、暑い夏にね。

北京の路線バスの車窓でも、
新疆ウイグルの夜行寝台列車の車窓でも、
わたしはいつも旅情を感じながら生きていますよ。


A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

夏の北京におもうこと。


天下没有不散的宴席。
そうはいっても、
やはり、街との離別、人との離別、古い自分との離別、それは痛みをともなうもの。
でも、痛くなるくらいそこに想いを持って生きて行きたいものですね。


P1100835-tiltshift.jpg





A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

盗んだバイクで走り出す!

 P1110748-tiltshift.jpg


身体が疲れているときは、
心もその2倍疲れるようですね。
運動しなきゃな。
北京でオススメの運動って何だろう。
とりあえずテニスでもやるか?

盗んだバイクで走り出しましょうか!
なんつって。

最近ブログ書く時間がありません。





A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

北京、2014冬、いま。

 hh1.jpg

春節が明け、暦の上では春になるのでしょうが、春節以降寒くなって来ている感じ。
が、昨年の厳しさと比べると、かなりの暖冬。
今年は冬がなかった気がします。なんとなく。
去年の元宵节の頃は、建国門のNOLAで友人と浴びるくらいビールを飲んでだが、かーなり寒かった印象。

わたしにとっての北京の冬は、とてもセンチメンタルで現実的で、そして愉快。
今年はなんだか冬が地味で、ちょっとつまんないな。

そんな中、私は毎日お店に出ております。
中国で中国人と働くこと、しかも自分が老板だということ。

来て下さる皆様は、
2年も経ってないのに、中国語を店ができるまでに学び、店までひらくなんてすごいですね、なんて言ってくださるけれど、わたしにとっては、語学も開業も目標ではなく、まだまだ手段。

これから場所はどこになるかわからないけれど、
自分で自分の将来はつくっていくものなのです。

夫や家族、そして友人たち、
いろいろな支えをかりながらも、
自分の将来は、幸せは、自分で刻んでいくものなんです。

それは、素敵ね、充実してるね、という簡単なものではなく、
ほんとうに身を削っているような、そんな感覚。

なまやさしくない毎日に、
やさしい人たちの助けをかりながら、
そしてよく働いてくれるスタッフに感謝しながら、
自分で選んだなまやさしくない道を、ほんのり歩いているのです。

息をきらしながら、
そして深呼吸しながら。

北京で、いま。


A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

今年の北京はなんで雪がまだ降らないの?

P1080148-tiltshift.jpg


忙しく駆け抜けた2ヶ月。
ちょっとお疲れがたまり気味かな。
あああうーー。

その前に、
今年の北京はなんで雪がまだ降らないの?
はやく降ってほしい。
(雪好きなので)



A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

やっと春樹の新作を、中国語で読む。


春樹の新作を、北京でやっと手にいれた。
中国語で、今回は読むことにしたよ。
 P1110612-tiltshift.jpg


心が沈んだときは、じっくり本でも読みましょう。
ケアしてる時間もあまりないけれど。
それにしても、それにしても、ちょっと最近疲れ気味。





A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

あけましておめでとうございます

 image.jpg


あけましておめでとうございます。
中国で3度目のお正月。
今年の北京はなんかびっくりするくらいあたたかいね。
雪も降らないし、なんだか拍子抜け。
ともあれ、やっぱり北京が好き。
ことしもどうぞご贔屓に。


A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

北京でお店をひらいてから

 IMG_3167.jpg

北京のお店オープンから1週間。
色々忙しくて、ほんとに忙しくて、
色んな人が来てくれて、色んな人から色んな企画がもちあがって、
忙しくて、ブログも書けないのだけれど、ふと迷い込んだ胡同にてちょっとゆったりした気分になったりしている。


A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

冬がはじまるよ

 


もう冬のにおいがする。
大好き、冬の始まる前のにおい。
そして、最近は、胃を壊しているせいか、たくさんのアメリカンコーヒーより、エスプレッソをクククっと飲むのにハマっている。

冬の匂いが鼻から離れない。
クククク。


A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

マーブル色の日々。

 P1050169-tiltshift.jpg

最近ちょっと胃をこわしているので、アルコール摂取量が以前に比べ極端に少なくなった。
そしてアルコール摂取をすると、悪酔いすることが最近増えたので、とりあえず極寒の冬を待ち、ウォッカをがぶがぶ飲んでもまるで酔わなく気持ちいい季節を待ちたいな、なんて。

北京の冬が大好き。
でも、北京の冬がおわり、春が来て、春なのに雪がたくさん積もったりして、そんなうちにすぐに蒸し暑い夏がやってきて、また秋になり、10月なのに雪が積もったりする。
そんな当たり前かもしれない季節の変化が、時間のはやさが、ときにドドドドっとのしかかって来て、急に怖くなったりする。

時の流れの速さが残酷だと思うのは、
きっとずっとこの北京の街で暮らすことがないから。

日本にいて、東京にいたら、
時間の流れの速さを感じたとしても、
こわいことなんてないものね。

誰だって、いつだって、どこにいたって、
確実に時間は流れているのだろうけれど。

そんなことを考えながら、久々に日本の映画をネットで見た。
中国の映画とかドラマばかり観ていたから、なんだか日本の映画を観ると、ちょっと変な時代錯誤みたいな感覚になったりして。
昔から大好きな『きょうのできごと』。を。
主題歌は矢井田瞳の「マーブル色の日」。

綺麗なものはいらないのよ だって
いつかは失う はかない世界

P1050157.jpg


ちなみにこの写真の教会は北京の教会。
美しいな、っていつも思う。
カトリック信者ではないのだけれど、なにか自分のタイミングタイミングでいつも教会に巡り会う。
そんな私も、間もなく、おそらく、哈尔滨(ハルピン)一人旅。
あそこにも美しい教会があるんだよね。





A.jpg   B.jpg banner.gif




名称未設定.jpg スライド1.jpg

<<まえ.jpg| 2/7PAGES |つぎ.jpg>>


Name : Mayukoo
----------------------------------
2012年より 北京在住。
  ◇お店していました→
「Open Kitchen」
◇Twitterしています→こちら
-----------------------------------------------------------
「朝時間.jp」サイト内にて、チャイナレポーターとして中国の朝をお届けしています!→こちら
----------------------------------------------------------- カラフル刺繍を楽しんでいます。たまに刺繍教室もひらいています。こちら より。

-----------------------------------------------------------
写真撮影、エッセイ依頼、その他お問合せ、ご連絡は本ブログ下部のお問い合わせフォームより♪
           

     

   

▼ブログを携帯からもお読み頂けます
 (QRコードは↓こちらから↓)

読書記録.jpg