安定のジャマイカブルー:緑と太陽

 

 

森林浴までできそうなここ。

 

マンションを降りるとすぐなんで、何かとここには助けられていますが、春は一番気持ちい。

このままここで寝たくなる。

 

 

 

 

犬ちゃんたちもそうだろうな。

 

なんかコロナが一番ひどかった頃(2月上旬)、犬もなかなか外に連れてってもらえなかったんだろうね。なんか異常に飛び跳ねるようにして、異常に興奮気味に散歩してる犬をよく見かけた。

ストレス溜まってただろうな。

 

 

 

 

写真を見ると、もし日本にいらっしゃる方がこれを見ると「え?もう北京ってマスクしてないの?」って思われるかもですが、しています。「人民総マスク」ですね。

 

 

 

ただ、今はレストランやカフェも徐々に復活してきて、そこに集ってるときは一時的にみんな外して食事してますね。

 

 

 

 


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

自家製海鮮丼

 


先日。家からチャリで魚清さんまで行き、お刺身用お魚を調達。

ちなみに、家(国貿)から、魚清さん(旧:女人街近く)までは、30分くらいかな?で着きます。

外でお刺身を食べれなくなって、数回買い出しに行っては、家で手巻き寿司をしたり、お刺身を食べたりしています。


今日は、海鮮丼。

美味しゅうございいました。


 


そして、この下の写真は、お刺身とは関係ないのだが、最近、京客隆で買った「完全ジャケ買い」のパン。笑。


 


なんとも可愛い。

メルヘンな気分になりました。

お味は普通です。


 

 

 

 


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

センチメンタルな気分

 


もう若くはないということなのだろうか。

なんだか最近、妙にセンチメンタルな感じになってしまうことがよくある。

しかも、深夜3時とかに目が覚め、そこから悶々と色々と考えてしまい眠れなくなる。

なんなんだろう。

 


人は前や後ろを見ながら足は前にしか進めないのだが、

最近、古い写真を見ては、あらこんなだったっけ?と、年寄り臭いことを思うようになった。

この写真は8年前とかの写真なんだが、そうだよね、もう8年歳をとったのだから。


街は変わる。人も変わる。自分も変わる。

いちいちセンチメンタルに浸ってても仕方ないのだけれど、今日だっていつかから振り返ったら「あの時」になっていくわけで、何となく日々は流れていくんだけど、しっかり記録しながら、記憶しながら、また歳を少しずつとっていければいいなと思う。

 

 


 

 


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

いただいたコメントについて

 

先日いただいたコメントについて。

 

「中国は初期感染者が出た時にどうして出国禁止措置をしなかったのか。中国人観光客が残したのはウイルスとマスクの買い占め。冗談なので気にしないで欲しい」というような内容でした。

確かに中国にいて中国ネタを発信してるため、そういうコメントがつくというのも当然でしたねと思いましたが、

最初の文章だけなら何も思わないのですが、「冗談なので気にしないで」というのは、私に何か批判が含まれたということだと私は思います。別にそういう意味では気にはしていませんし、せっかくいただいたコメントなのでどう返していいかわからないので、なんとなくここで書きました。


そのトーンで質問をされるのであれば、こちらが同じトーンで「だったら日本政府は、どうして中国人の入国を禁止しなかったんでしょうか?」とコメントするのが平等でしょうね。


ひとつ言えるのは、私は中国に住んでいる(夫の仕事の都合)日本人であり、中国の政府の人間でもなければ中国人でもない。そして仮に私が中国人であったとしても、それは個人であって、その個人にお国のしたことを問いただすのも変な話。


そうですね。私のいる国がどうもすみませんね。と、でも返すのが正しいのだろうか?

コロナが日本に広まったいろいろな経緯やその恨みつらみやご意見は、私に言われても正直分かりませんごめんなさい。
個人として、思うところはいくらでも言えますが、こうやって公にブログを書いている以上、どこかを批判するようなことも書かないスタンスでやっていますので、もし個人の思うところのコメントとして返信するのであれば直接ご連絡いただければという感じではあります。

マスクを買い占めたのは私ではないし、コロナを持ちながら日本に観光に行った中国人でもない。まして出国禁止措置を決める立場にある人間でもない。

これが日本にいる私が書いているブログならニュアンスは違いますが、私は今北京にいてこのブログを発信しているので、なんとなく私個人と言うより、なにかしらお国に対する不満を私にぶつけられたような気分になってしまい、ちょっと柄にもなく傷ついた気分になっています。笑。

ケンカを売ってるわけではなく、なかなかとても複雑なアイデンティティの問題とでも言いましょうか、色々と過敏な問題ではあると思うんですよ。コメントをくださった方も、ただのご意見だっただけで、私に対して文句とかではないのはよくわかっていますが。

 


 


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

また飲んでるよ:白酒

 

 

また飲んでるよ。

 

って写真しか撮れなくてすみません。

 

最近は、日中はひたすら在宅で漫画翻訳、夜になるとたまに出かけて飲む(まあ家にいても家で飲んでますが)というペース。

一応安全を考え、それなりの値段の店を選ぶようにはしているため、なかなかかつてのようなドローカル感満載の絵も撮れず、私自身もちょっとつまらないのですが…。

 

 

 

ということで、また飲んでるよ!

日本じゃ今、こういうのは不謹慎かな。

と思いつつ、でも私たち2ヶ月半は巣篭もりでしたからねぇ〜。

 

 

 

 


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

春の週末 in北京

 


昨日、日曜日。

まさに春らしい気持ちい1日。

マンションの中もこの時期は色々と花が咲き、ワクワク。

のどかな気分になりながら、散歩。

 


 


そして家の中の花や緑もどんどん増える…

在宅時間が長くなると、まるで老人のように花や緑を愛でるようになるんですね。

ちなみにこれらの花は、美团購入…。

欲しいと思ったら1時間後にはここに。優雅なもんです。


 

 

 


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

久々のローカル新疆メシ

 


春節と同時にコロナゆえの外出自粛。

そこからもう二ヶ月。

ちょくちょく外食にも出かけてるけど、まあなんとなく在宅時間が増えている毎日ですが、所用で普段歩かない街を歩いており、食事でも取ろうかと入ったローカル新疆料理屋。


食べた瞬間、ああこの感じ久しぶり!!と、懐かしい気分に。

こういうローカル飯と長らくご無沙汰だったな、と。


適当に入った割に、こ綺麗で、なんか可愛らしい店でした。


 


妙にしみじみ幸せを感じたランチでした。

早くローカルたちも全て復活しますように。


 

 


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

考える人と曇り空

 


曇り空。北京の春。

「考える人」の横顔と、モヤモヤした曇り空が妙にマッチして、モヤモヤ感の増す一枚。

青空の下で撮ると綺麗だっただろう。


 

 

 


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

新ニンニク


 

 

今年も新にんにくが出回り始めました。

今年は、ニンニク味噌か、醤油漬けか、なんか作ってみようか。

なーんて思いつつ、新ニンニクは買わずに店を出ました。

春ですねぇ。


 


皆様、本日も素敵な1日をお過ごしください。


 

 


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

北京 春の始まりと夕暮れ

 

 

自宅(国贸)から亮马桥まで歩いていたときの夕暮れ。

 

官舎の焼肉六和に向かって歩いて行ってました。

农展馆のところで、綺麗な夕暮れが。

 

奥の方に鼓楼も見えていました。

カメラを持っていなかったので残念ですが、思わず立ち止まってスマホで撮影。

 

 

 

 

 

 


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

なんでちょっとすでにレトロ?北京胡同

 


 

八年前の写真。

私が北京に来たばかりの頃、北京といえばこんな感じだったのだけど、なんかものすごいレトロ写真に見える。

こういう北京が好きだったのだけれどもね。


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

地三鮮

 


なかなかいい構図の写真でしょう。笑

いつもの散歩コースにて。

そして、ただの自宅ご飯なんできれいじゃないのですが、冷蔵庫に茄子と青椒とジャガイモがたまたまあったので、「お!」と思い、初めて「地三鲜」を作ってみました。
東北料理なのかな、なので、食べ慣れていない方も多いかもですが、私は結構外でもしょっちゅう食べてます。


ナスとジャガイモと青椒をそれぞれ油で軽く揚げて、そのあと片栗粉を混ぜたタレで炒め絡める、という料理。
なかなか簡単にできました。
日本人の好きな味だろうな。


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

北京の春の訪れと北京ダック

 


すっかり春。

冬が終わってしまって、なんだか寂しい気分。

なんか北京の冬って、寒いけどワクワクしない?(しないか)

ということで、とある晴れた日。
昼間から北京ダックを食べに行きました。
北京ダックは久々だなぁ。


入り口に九官鳥がいた。
「你好」「恭喜发财」と「没有」を喋る。
前二つは教え込んだんだろうが、最後の「没有」は勝手に覚えたな。
知らんけど。


まあ、軽ーく飲んで食べて、帰りましたとさ。
銅のコップを出してくれるお店でした。
ちょっと東北風だな。

ごちそうさま。


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

我が家に届いた食器自慢

 

 


ここ二ヶ月の自炊生活で、妙に新しい食器を買いたくなりまして。

で、タオバオで、色々と買いました。

柄物が欲しかったので、全部柄物にしました。

可愛いでしょ?

結構な重装備で送られてくるので、コロナ前ならいいけど、今はマンションの下まで取りに行かなきゃならないので、結構な大仕事に。でも、可愛かったから許す。




名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

また老北京火鍋:満福楼

 


少し前にも火鍋に行っていますが、また火鍋へ。

今回は「満福楼」です。

昔は、景山公園の近くにあったのですがね、藍島大厦の六階に引っ越してきてからも頻繁に行ってます。

相変わらず気分がモリモリになりました。

ごちそうさま。

ここでは「骨髓」を食べるのが定番。

こりゃまたうまいんですよ。

 


 


そして、帰路。

「人人有责」「武汉加油」コロコロ変わるライトアップを眺めながら、帰りました。

幸せな夜です。


 

 

 


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

バスに乗って


バス。

ここ二ヶ月のほぼ在宅生活のおかげで、ちょっと歩くだけで疲れるように。
で、バスに乗ってしまうという。
たまたま撮った写真なんだけど、マスクに変なティッシュたらしてるおばちゃんがいるね。
ちょっとそろそろ、コロナももういいんじゃないの〜? 


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

景泰藍の珍しい柄の小物ケース

 

 


あまり伝統工芸に詳しくないので、自信満々に書けないのですが、中国の土産屋によく売ってる「景泰藍(風?)」の変わった柄の小物ケースを見つけたので買ってしまった。タオバオで。


普通は、花柄みたいなのが多いじゃない。
ちょうど、刺繍用の針ケースを探してたので、これは可愛い!と思い、無駄に購入。


先日の投稿の「老北京火鍋」の店も、このお鍋を使っています。
右の湯呑はちょっと違うかな。
ちょっと詳しい伝統工芸の内容は分かりまへーん。すんまへーん。
まあ、そこにあるだけで、場がフォトジェニックになるシロモノですね。

 

そして、手芸関係のものといえば、この針立ても購入。
よくあるやつですが、こんな人数の多いのはなかなか持ってる人は少ないんじゃないかな?笑


 

チャイナのカラフルな小物は、ほんと可愛いですよね。
何年経ってもワクワクします。てへ。


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

老北京火鍋

 

 

中国人の友人の就職が決まったので、プチ祝いで、「南門火鍋」へ。

 

と、つい「南門火鍋」と言ってしまうのだが、今は、名前は「日坛火锅」だったね。

日坛公园の近く。

 

8年前に北京に来た頃から、何かあるとここにきて、羊をしゃぶしゃぶするんですが、このお店、昨夜も人が満員で、やっと「外食してる!」っていう賑やかな気分を味わった感じ。

さすが。

あとは、フォトジェニックなこの鍋とね。
コレ、タオバオでも売ってるけど結構お高いんですよ。
北京景泰蓝の。

 

ということで、大満足で、帰路。

 

自宅から歩いて二十分程度なので、ちょうど食後の散歩にはちょうど良い。
そして、もう春の香りがしますね。

 

 

 

幸せな気分でございます。

 

ごちそうさま。

名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

いつかのウイグル「絨毯マーケット」

 


昔ウイグルに行った時の写真。

絨毯マーケット。

もちろん買わないんだけど、アホみたいに長〜い絨毯を見るのが面白くて、しばらくここにいた記憶がある。

確か、ウルムチだったかな。カシュガルだったかな。忘れたけど。

いろいろな旅の中でも、いい思い出しかない旅の一つ。


 

 


名称未設定.jpg スライド1.jpg

     
      

焼肉が食べたくて(爆)


 

焼肉…。

大好物…。です。


が、春節も北京に居残ってた私は、春節とコロナとゴーストタウンと色々のおかげで、「炭火焼肉」にしばらくありつけず、結局自宅焼肉も数回して、でもやっぱ炭火焼肉が食べたい、ということで、回ってきてた「開いてる店リスト」を見て、麗都の叙上苑へ(リストの中にあったので)。



↑久々にこの辺まで来た。
でも、せっかく来たものの、結局炭火焼肉はしていない、(同じ経営の)江戸前寿司だけやってる。
なんだよ!みたいな。リスト、なんだよ!みたいな。
予約して行ったんだが、ちゃんと教えてくれよ。みたいな。

で、もう口は焼肉なので、お寿司なんて食べる気になれず、好运街へ。
日本人かよ! (日本人だが…)笑。

が、リストに開いてると書いてあった「松岡」もやっぱり開いておらず、
なんだよリスト!(パート2)。
が、口は焼肉なので、行ったこともない、地下にある焼肉屋(炭火)に入りました。
中国人しかいなかったけど。

まあ。味はどうであれ、焼肉を久々に楽しみました。
我が家は焼肉は、「大志」か「六和」か「牛鐵」なんだが、どうやら「六和」は開いてるようだ。とこの店でお肉を焼き始めてから知って後悔。

近々リベンジしましょう。
ごちそうさま。


この日、帰宅してからもまた家飲みしました。

 

平和なもんだ。

 


 

 


名称未設定.jpg スライド1.jpg

<<まえ.jpg| 3/48PAGES |つぎ.jpg>>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

profile


チャイナPhotoのInstagramです^^
VPN繋いでないと写真一覧表示されないかも?
↑↑ Please follow me !
作者:Mayuko
----------------------------------
2011年冬より半年ほど上海在住。
2012年7月より北京での暮らしがスタート
時に料理教室、時に中華料理モダンレストランオープン、時にビーズアクセサリー展覧会、時に日本語講師、時にフォトエッセイスト、時にドローカル、時に旅、時に駐妻^^

最新の記事

モバイルはこちら

qrcode

カテゴリー

アーカイブ

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM